*

APIでZAIFとbitFlyerのアカウント情報を取得する 仮想通貨の自動売買開発⑤

公開:2017/7/2

さて、そろそろ他の取引所のAPIも触っていきます。

ビットフライヤーとZAIFのPRIVATE API

ビットフライヤーのPRIVATE APIを使う場合

WEB APIは各取引所によって、微妙に仕様が異なります。

コインチェックの場合、phpのfile_get_contentsで取得できましたが、
BitFlyerはfile_get_contentでは上手くいきません。
(PUBLIC APIは問題ありません。)

原因は”謎”です。

というよりも、そもそもfile_get_contentでうまくいくことの方が昨今めずらしいです。
この周辺のワードで検索するとそういった記事が結構でてきます。

PHPのバージョンにもよるのですが、今回はCURLというものを使います。CURLというのはPHPから細かくWEBリクエストするための割と新しい関数群みたいなものです。

現在利用しているPHPのバージョンは5.3ですが、(古い?)CURLは問題なく利用できます。

CURLの基本的な使い方に関しては、詳しく書いているブログがたくさんありますので、そちらを参照してください。

bitFlyerは、ハッシュ化の際に
(タイムスタンプ)+(POSTかGET)+アクセスするパス+HTMLボディ
を連結させます。

ドキュメントを見ると、エンドポイントURLがhttps://api.bitflyer.jp/v1/で、
各メソッドのパスが/v1/me/getbalanceのようになっていますが、

最終的なアクセス先は
https://api.bitflyer.jp/v1/v1/me/getbalance
ではなく、
https://api.bitflyer.jp/v1/me/getbalance
です。

(当たり前と言えば当たり前ですが、変数に代入すると、ここら辺の表記が分かりにくくなるので…)

ハッシュ方式はコインチェックと同じsha256なので、関数はそのまま使えます。


正直、WEBAPIまわりは専門ではないので、詳しい方からみたら冗長な箇所あるかと思いますが、
これで一応動きます。

トレードする際にはボディに各パラメータを指定してください。

ZAIFのPRIVATE APIを使う場合

ZAIFの場合は、Githubにあるサンプルがちゃんと動くので、それを使うのもありかと思います。

また、ハッシュは
nonce=”タイムスタンプ”&method=”リクエストする情報タイプ”&その他情報…
でHMAC-SHA512で署名します

前回までの関数がそのまま使えます。

ちなみにドキュメントの説明

「signはPOSTする全てのパラメータ(nonceとmethodおよびメソッド毎のパラメータ)を URLエンコードしたクエリ形式(param1=val1&param2=val2)のメッセージとして、Secret Keyを用いてHMAC-SHA512で署名します。」

が滅茶滅茶わかりにくいと思ったのは、私だけではないはず。
日本語のパラメータはないので、URLエンコードする必要はないと思います。

あとZAIFはタイムスタンプに小数点以下も使えるので、この際小数点以下のタイムスタンプにします。

これによってどんな違いが生まれるかというと、一秒間に2回以上のアクセスが可能になるわけです。
(整数の場合、一秒以内に2回以上アクセスすると、タイムスタンプが同数なので、エラーになります。)


これでコインチェックとビットフライヤーとZAIFのWEB APIが使えるようになったので、業者間アービトラージの前段階が完了です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ビットコインスキャルピングの自動売買システムの作り方

「アービトラージあるからいいじゃん」ってずっと思ってたのですが、(今でも思ってる)スキャルピングに関

記事を読む

How’s the CryptoCurrency brokers in Japan?

There are several types of Crypto-currency brokers

記事を読む

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、アルトコインの自動アービトラージ

記事を読む

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USDで実行したのですが、まったくト

記事を読む

APIで取引所の残高を取得する 仮想通貨の自動売買開発④

公開:2017/6/21 前回はPRIVATE APIにアクセスするためのハッシュの生成でした

記事を読む

 

  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)



  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    ご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    偽者(オリジナルある模倣者)がいるらしいのでご注意ください。
【MT4EA】半年で5万回以上トレードしても右肩上がりにできる証明(EA配布)

(ただし、スプレッドが狭ければ...) EURUSD

no image
(MT4EA)MACDと特殊ベッティング【EA検証班求ム】 

. . 超シンプルなMACDのEAです

MT4の1分足テストで起こる致命的な現象

1分足っていうのは他の時間枠といろいろ違う点があります。 まず、本題か

no image
【EA検証班募集】コツコツドカンとドローダウン(MT4) ~原理は単純を、構造は複雑を、人は最も人らしく~

EURGBP 2018.11.1~2019.4.30 D1 Sp

MT5のテスターではスプレッドは変更できないという事実

を知らない人が多くて、「このバックテストのスプレッドはいくつですか」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑