*

【EA開発講座】第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

公開日: : EA開発講座 , , , , ,

ポジションの情報を取得する

今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を取得します。

ポジションの情報を取得するには、
どのポジションに対して情報を要求するのか宣言する必要があります。

オーダーの識別はOrderSelectという関数で行います。

ポジション番号とはチケットナンバーとは異なる識別番号で、
現在持っているポジション数-1が最大となる数のことです。

例えば、
ポジションを3つもっている場合はそれぞれのポジションに0,1,2という番号が割り振られています。

1からではなく0からなので注意してください。

※プログラミングでは数の始まりが1ではなく0からのことが多いので、
0スタートの方が当たり前という感覚にしましょう。

とすると
「現在持っているポジションのどれかをこれから参照しますよ」
という意味になります。

この宣言をすることで、

などが使えるようになります。
逆にこれらの関数はOrderSelectを使った後でないと使えません。

決済条件にエントリー価格を使う

今までに作ったサンプルのEAはポジション数が1以上のときはエントリーしないフィルターがついていますので、ポジション番号は常に0になります。

ここでは、買いポジションを1つ持っている場合を想定して、
エントリーよりも10pips下がったら成行決済をさせます。

これでエントリー価格をOrderOpenPrice()で取得し、決済条件に組み込むことができるようになりました。

決済条件は複数あってもいいので、現在までの決済条件に追加してみます。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【EA開発講座】第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウト プログ

記事を読む

【EA開発講座】第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、ここでは変数について重点的に

記事を読む

【EA開発講座】第29回【超簡単バージョン】配布するEA、インジケーターに有効期限をつける(サンプルコード)

EAやインジケーターをお試しで使ってもらい、気に入ってもらったら購入してもらうというビジネスモデルは

記事を読む

【EA開発講座】第8回:決済の記述 OrderClose

ここではポジションを決済するための記述を行います。 OrderClose OrderSendで新規ポ

記事を読む

【EA開発講座】第9回:ロウソク足による条件を作る~3回連続で陽線になったら買うEA~

ロウソク足の記述方法 MQL4にはロウソク足の4本値が標準搭載されています。 それぞれ、 という

記事を読む

 

  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)



  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    ご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    偽者(オリジナルある模倣者)がいるらしいのでご注意ください。
no image
(MT4EA)MACDと特殊ベッティング【EA検証班求ム】 

. . 超シンプルなMACDのEAです

MT4の1分足テストで起こる致命的な現象

1分足っていうのは他の時間枠といろいろ違う点があります。 まず、本題か

no image
【EA検証班募集】コツコツドカンとドローダウン(MT4) ~原理は単純を、構造は複雑を、人は最も人らしく~

EURGBP 2018.11.1~2019.4.30 D1 Sp

MT5のテスターではスプレッドは変更できないという事実

を知らない人が多くて、「このバックテストのスプレッドはいくつですか」と

FX業界の人種マップとその特徴 LP、ホワイトラベル、商材屋さん、開発代行…

FX業界にはさまざまな人種というか役割の人たちがいます。職人気質の開発

→もっと見る

PAGE TOP ↑