*

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

SL,TPをEAから送信する

ここでは
ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプログラミングを行います。

前回までのOrderSendの中に損切りと利確を入力する項目がありましたが、
あれば極力使わないようにしましょう。

FX業者の中には
OrderSendで送信されたSL,TP注文を受け付けてくれない場合があります。

そのため、
「記述は何も間違っていないのにSL,TPを受け付けてくれない」
という事態になり、

数時間も悩む羽目になりかねません。

ではどうすればいいのかというと、
OrderSendではSL,TPともに0で送信し、後から修正するという処理で解決します。

そのオーダーを後から修正する方法がOrderModfyです。(OrderSendより簡単です。)

OrderSendが成功すると
そのオーダーのチケットナンバーが返ってくるので、
それを変数に一時的に保存しておきます。

その変数をOrderModifyでチケットとして使います。

オープンレートは指値逆指値注文でエントリーしようとしたときに変更できます。
成行注文ですでにポジションを持っている場合に変更しようとするとエラーになります。

有効期限は指値逆指値時の有効期限なので今回は0と入力してください。

オーダーを送信してから修正するまでの一連の流れを確認します。

これでSL,TPが送信されます。(pipsはあらかじめ用意しておく必要があります。)

これまでに作ったコードに追加すると下記のようになります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

第9回:ロウソク足による条件を作る~3回連続で陽線になったら買うEA~

ロウソク足の記述方法 MQLにはロウソク足の4本値が標準搭載されています。 それぞれ、

記事を読む

第0回:プログラミングの基本ルールと心が折れないための心得

プログラミングにはどの言語にも基本的に共通したルールがあります。 ルール1 入力は半角英数字

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

no image

自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮想テイクプロフィット」という概

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑