*

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑥

前回は「”過去に”コピー元のトレードを持っていたか調べる関数」と「”現在”コピー元のトレードを持っているか調べる関数」を作りました。

今回はまず、それぞれのオーダー情報に対して、2つの関数を適応した際の組み合わせ4パターンを考えます。

[]パターン1
履歴にコピー元のトレードを持っていて、今は持っていない
→一度コピーはしたが裁量で決済された
→何もしない

[]パターン2
履歴にコピー元のトレードを持っていて、今も持っている
→ありえないパターン。(バグってる)
→何もしない

[]パターン3
履歴にコピー元のトレードがなく、今もない
→直ちにエントリー

[]パターン4
履歴にコピー元のトレーがないが、今現在持っている
→現在配信元がポジションを持っている
→何もしない

こうしてみると、実際にエントリー処理するべきなのはパターン3だけです。

決済処理は、
・受信側であるポジションを持っている
&&ファイル関数のデータにそのポジションに対応するオーダーがない
場合に決済します。

OrderSendはOnTicke(Start)内にべた書きでもいいですが、一応関数化して使いましょう。
ファイル関数から取得したトレード情報は文字列型なので、オーダー関数を使うには必要に応じて方を変換する必要があることに注意してください。

また、ファイル関数の通貨ペアは6文字ですが、実際にこれからエントリーしようとする通貨ペアはブローカーによって6文字ではないかもしれません。(ex. USDJPY^, USDJPY-m)

通貨ペアの文字列は完璧に一致していないと、オーダーがはじかれるため、あらかじめ保存したExを使い、文字列を連結しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

EAにかける制限のあれこれ

良いEAができると、クレクレ厨がよってきますが、身内の人にこっそりと配布したい場合もあります。 し

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る2

まず、データをサーバに送信するEAを作ります。 飛ばすトレード情報のデータは、 ・チケットナ

記事を読む

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、 その中でもスピードは要です。

記事を読む

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

ポジションの情報を取得する 今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑