*

APIで取引所の残高を取得する 仮想通貨の自動売買開発④

公開:2017/6/21

前回はPRIVATE APIにアクセスするためのハッシュの生成でした。
今回は、ハッシュをヘッダーに含めHTTPリクエストします。

HTTPリクエストというのは、通常のWEBアクセスの通信プロトコルのことです。

コインチェックではヘッダーの内容に、ACCESS-KEY、ACCESS-NONCE、ACCESS-SIGNATUREを含めるように指定しているので、その通りにします。

ACCESS-KEYは、アクセスキーです。シークレットキーではないので注意してください。

ACCESS-NONCEは、アクセスする度に増加させなければならない整数(今回はタイムスタンプ)です。

ACCESS-SIGNATUREは、前回生成したハッシュです。

これらを上記のようにしてヘッダーに含めます。配列のhttpはhttpsにしなくてもOKです。

また、アクセス方式はGETにしてください。

コンテンツは最初に決めたものと同じにしないと、ハッシュをした意味がなくなりますので、
そのままいじらないでください。

これでコインチェックの自アカウントの各コインの残高が表示されるはずです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取引所の癖がわかったので、取引の

記事を読む

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、アルトコインの自動アービトラージ

記事を読む

取引所のPrivate APIの前準備 仮想通貨の自動売買開発③

公開:2017/6/21 前回はPUBLIC API(誰でも見れる公開情報)でしたが、今回はP

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る1

ずっと国内の大手3社でアービトラージしているのですが、サーバーの脆さや約定力のなさが目立つことが良く

記事を読む

ビットコインでアービトラージ 現物/信用どっちがいいか

一口にアービトラージといっても取引の方法には2通りあります。 1回(交換)の取引で終了する現物

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑