新しいMetaTrader5プラットフォームベータビルド3060:MQL5サービスの改善とデザインの更新

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

 

2021年9月24日(金)に、アップデートされたメタトレーダー5プラットフォームのベータ版がリリースされます。新バージョンのテストに参加して、そのすべての機能を評価し、開発者のエラー修正にご協力ください。

MetaTrader 5プラットフォームをビルド3060にアップデートするには、Help #Check Desktop Updates #Latest Beta Versionをクリックしてください。

 

 

 

新しいMetaTrader 5プラットフォームの最終ビルドは、パブリックベータテストの後にリリースされます。

この新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

メタトレーダー5クライアントターミナル ビルド3060

ターミナル。MQL5.community servicesにおけるナビゲーションの改善。

マーケット」、「シグナル」、「VPS」の各セクションが、メインプラットフォームのワークスペースからナビゲーターに移動しました。この新しい配置により、目的の製品に簡単にアクセスでき、購入や購読の効率的な管理が可能になりました。各サービスには、基本的な使用情報を提供するための「How it works」セクションが追加されました。

 

 

 

ターミナル。すべてのメニューとツールバーのアイコンを一新しました。より使いやすい端末となりました。

アイコンから小さな要素を削除
使用する色数を減らし、カラーノイズを回避。
読みやすさを向上させるため、グラデーションの使用を減らしました。
よりわかりやすいメタファーを使用

 

 

 

端末。取引実行時に発生するコストを表示するようにしました。関連する情報は取引履歴に表示されます。この機能はNFA規制のあるブローカーで使用されています。

 

>

 

ブローカーがサーバー上でコスト計算を可能にしている場合、アカウントの取引履歴に新しい「コスト」列が表示されます。この欄には、シンボルの現在の中点価格に対する取引実行コスト(中点スプレッドコスト)が表示されます。

ターミナル MQL5.comの韓国語版を開設しました。

アルゴリズミック・トレーダーの最大のコミュニティであるMQL5.comで利用できる言語はこれで8つ目となります。ウェブサイトのインターフェース、記事、経済カレンダー、重要なフォーラムのトピックはすでに韓国語で提供されています。MQL5のドキュメントもまもなく翻訳される予定です。

</l >
ターミナル。カスタム取引ツールの読み込みを修正しました。場合によっては、新しく作成されたシンボル設定が既存のシンボル設定を上書きすることがありました。
Terminal: シグナルの取引履歴のチャート上の表示を修正しました。以前は、関連するオプションによって、チャートのシンボルだけでなく、すべての金融商品のすべての取引の表示が有効になっていました。
ターミナル 取引履歴レポートに手数料欄のエクスポートを追加しました。以前は履歴に表示されるだけで、ファイルに保存することはできませんでした。
ターミナル マーケットウォッチおよびチャート上のワンクリックトレーディングパネルの操作を最適化し、高速化しました。
ターミナル カスタムトレーディング商品の証拠金比率フィールドの操作を修正しました。特定の条件で値がゼロにリセットされることがありました。
ターミナル。トレーダーがブローカーから追加の取引サービスを購入できるサブスクリプションサービスの実装を継続しました。気配値登録画面でのエラーを修正しました。
ターミナル。トレンドライン分析オブジェクトの表示を修正しました。以前は、スケーリングやチャートウィンドウのサイズ変更時にラインが消えてしまうことがありました。
ターミナル。矩形分析オブジェクトの表示を修正しました。アンカーポイントの一つがチャートの可視領域を超えた場合、オブジェクトが消えることがあった。

ターミナル MQL5.community の内蔵チャートの操作に関する修正と動作速度の改善。
ターミナル オープンポジションのリストにある Value パラメータの丸めを修正しました。以前のバージョンでは端数部分が隠れてしまうことがありました。
ターミナル 口座開設の際の携帯電話認証を修正しました。一部の中国のオペレー ターの電話番号が正しくないと認識されることがありました。
ターミナル MQL5 アカウントのパスワードが 32 文字より長い場合に対応しました。
ターミナル Wine での作業時に証明書のエクスポートを修正しました。このオプションは、拡張認証を持つアカウントをデスクトップからモバイルに移行する際に使用されます。
ターミナル ツールボックスウインドウの下部パネルにある MQL5 サービスを開くボタンを修正しました。このボタンは、ウィンドウがドッキングされていないときは無効になっていました。

MQL5。ベクトルと行列のサポートを引き続き追加しました。この新機能は、ニューラルネットワークベースのソリューション開発者の可能性を大きく広げるものです。

MQL5: ENUM_DEAL_PROPERTY_DOUBLE列挙にDEAL_SLとDEAL_TPの値を追加しました。 取引のストップロスとテイクプロフィットのレベルです。

エントリーおよびリバーサル取引の関連値は、これらの取引を開始した注文のストップロス/テイクプロフィットに応じて設定されます。エグジット取引では、ポジションクローズ時の適切なポジションのストップロス/テイクプロフィットの値が使用されます。

MQL5: ENUM_MQL_INFO_INTEGER列挙にMQL_HANDLES_USED値を追加しました(MQLプログラム内のアクティブなクラス・オブジェクト(ハンドル)の数)。ハンドルには、動的オブジェクト(新規作成)と非動的オブジェクト、グローバル/ローカル変数、クラス・メンバの両方が含まれます。ハンドルの数が多いほど、プログラムが消費するリソースも多くなります。

 

MQL5: 経済カレンダーのイベントを記述するMqlCalendarValue構造体を操作するための新しいメソッドを追加しました。

HasActualValue(void) ? 実際の値が設定されている場合はtrueを、そうでない場合はfalseを返します。
HasForecastValue(voi d) ? 予測値が設定されていればtrueを,そうでなければfalseを返します。
HasPreviousValue(void) ? 前の値が設定されていればtrueを,そうでなければfalseを返します。
HasRevisedValue(void) ? 改訂値が設定されている場合はtrueを、そうでない場合はfalseを返します。
GetActualValue(void) ? イベントの実際の値(double)を返し、該当する値が設定されていない場合はnanを返します。
GetForecastValue(void) ? イベントの予測値(double)、または関連する値が設定されていない場合はnanを返します。
GetPreviousValue(void) ? イベントの前の値(double)を返すか、関連する値が設定されていない場合はnanを返す。
GetRevisedValue(void) ? イベントの改訂値(double)、または関連する値が設定されていない場合はnanを返します。

MQL5: EX5ファイル形式のライブラリを使用するMQL5プログラムのデバッグを修正しました。
MQL5: シーケンスで初期化される大きな配列を含むプログラムのコンパイルを高速化しました。
MQL5: CopyTicksRange 関数がカスタム取引シンボルのデータで実行されることがありました。この関数は要求された期間外のデータを返すことがありました。
シグナル シグナルの購読を自動更新する機能を追加しました。

最初の購読購入時に使用した支払い方法で、システムが自動的に次の月の購読を更新するため、購読が突然終了することはありません。

 

 

 

前回の支払いにカードを使用していて、更新時の支払いに失敗した場合、システムはお客様のMQL5アカウントの残高から支払いを試みます。

定期購入の価格が変わっても心配ありません。価格が上昇した場合、自動更新はキャンセルされます。その際には、関連する通知がメールで届きます。

自動更新オプションは、MQL5.comの「My Subscriptions」セクションでいつでも有効または無効にすることができます。

 

 

 

シグナル シグナルのショーケースの表示を修正しました。現在のアカウントとシグナルの互換性が正しく認識されるようになりました。

マーケット。マーケットのショーケースに、著者名とログイン名による商品検索を追加しました。これまでは、商品名と説明文による検索しかサポートしていませんでした。
VPS:サブスクリプションの自動更新オプションを改善しました。

これまでは、更新のための支払いはMQL5アカウントの残高からのみ行うことができました。そのため、ユーザーは自分のアカウントに該当する金額があることを確認する必要がありました。

今回の改良では、MQL5アカウントへの入金は必要ありません。最初のサブスクリプションで使用したのと同じ支払い方法を使用して、システムがサブスクリプションを更新します。カードでVPSの支払いを行い、自動更新オプションを有効にしていた場合、システムは新しいサブスクリプション期間に同じ支払い方法を使用します。お支払いに失敗した場合は、お客様のMQL5アカウント残高からのお支払いを試みます。

 

 

この新しいオプションを使用すると、VPS期間の終了によってエキスパートアドバイザーやシグナルの購読が停止することはありません。さらに、手動で残高を確認したり、補充したりする必要もありません。
このオプションは新規契約にのみ使用されます。既存のサブスクリプションの更新の支払いは、MQL5アカウントの残高から行われます。
テスター。ビジュアルテストのエラーを修正しました。特定の条件下で、チャートがExpert Advisorsで使用されるインジケータの表示に失敗することがありました。

MetaEditor: Alt+Gで関数や変数の宣言にジャンプする際に、宣言がコールラインより下にある場合に失敗することがあるのを修正しました。
メタエディタ。デバッガーでクラスオブジェクトへの参照のためのオブジェクトタイプの表示を追加しました。

クラッシュログで報告されるエラーを修正しました。

 

メタトレーダー5 iPho ne/iPad、メタトレーダー5 Android

アプリケーション起動時に免責事項の表示を追加しました。よくお読みください。また、一部のブローカーでは、アプリケーションの初回起動時に自動的にデモ口座を作成することができます。この場合は、関連する規約が表示されます。

 

 

モバイルアプリケーションから直接シグナルサービスのモニタリングに口座を接続できる機能を追加しました。これは、メニューから「口座監視」を選択することで可能となります。便利なように、口座番号とブローカー名は登録ウィンドウに自動的に追加されます。さらに、シグナル名と投資家のパスワードを指定する必要があります。

アカウントをモニタリングに接続して、高度な取引統計にアクセスしたり、他のトレーダーと結果を共有したり、シグナルの販売を開始したりすることができます。

Android OSを搭載したモバイル端末向けに、Huawei AppGalleryとHMSサービスに対応しました。Huaweiのスマートフォンをお持ちの方は、関連するストアからアプリをインストールし、プッシュ通知をご利用いただけます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 




原文:

The beta version of the updated MetaTrader 5 platform will be released on Friday, September the 24th, 2021. We invite traders to join the testing of the new version, to evaluate all its features and to help developers fix errors.

To update the MetaTrader 5 platform up to build 3060, navigate to Help Check Desktop Updates Latest Beta Version:

Update to beta and join testing

The final build of the new MetaTrader 5 platform will be released after the public beta testing.

The new version features the following changes:

MetaTrader 5 Client Terminal build 3060

  1. Terminal: Improved navigation in MQL5.community services.

    Market, Signals and VPS sections have been moved from the main platform workspace to the Navigator. The new positioning provides easy access to the desired products and enables efficient management of purchases and subscriptions. “How it works” sections have been added to each service, to provide the basic usage information.

    Improved navigation through MQL5.community services

  2. Terminal: All menu and toolbar icons have been completely redesigned. The terminal interface has become more user-friendly:
    • Removed small elements from icons
    • Reduced the number of used colors to avoid color noise
    • Fewer gradients are used to improve readability
    • More straightforward metaphors are used

    All menus, toolbars and dialogs have been redesigned in the platform

  3. Terminal: Added the display of costs resulting from deal execution. The relevant information is shown in the trading history. This feature is used by NFA regulated brokers.

    The account history now shows deal costs>

    If your broker enables cost calculation on the server, the new Costs column will appear in your account trading history. The column shows the deal execution cost relative to the current mid-point price of the symbol (mid-point spread cost).

  4. Terminal: Launched Korean version of MQL5.com.

    This is the eighth language available at MQL5.community, the largest community of algorithmic traders. The website interface, articles, the Economic Calendar and important forum topics are already available in Korean. MQL5 documentation will be translated soon.

    </l >

  5. Terminal: Fixed loading of custom trading instruments. In some cases, newly created symbol settings could overwrite existing symbol settings.
  6. Terminal: Fixed the on-chart display of the signal trading history. Previously, the relevant option enabled the display of all trades for all financial instruments, and not only for the chart symbols.
  7. Terminal: Added export of the Fee column to the trading history report. Previously the value was only displayed in the history, but it could not be saved to a file.
  8. Terminal: Optimized and accelerated operation of one-click trading panels in Market Watch and on charts.
  9. Terminal: Fixed operation of the Margin Ratios field for custom trading instruments. The values could be reset to zero under certain conditio ns.
  10. Terminal: We continue implementing the Subscriptions service through which traders can purchase additional trading services from brokers. Fixed errors in the quotes subscription window.
  11. Terminal: Fixed display of the Trend Line analytical object. Previously the line could disappear upon scaling or upon chart window resizing.
  12. Terminal: Fixed display of the Rectangle analytical object. The object could disappear if one of the anchor points was beyond the chart visibility area.
  13. Terminal: Fixes and operation speed improvements related to operation of built-in MQL5.community charts.
  14. Terminal: Fixed rounding of the Value parameter in the list of open positions. The fractional part could be hidden in previous versions.
  15. Terminal: Fixed mobile phone verification during the account opening process. Phone numbers could be identified as incorrect for some Chinese op erators.
  16. Terminal: Added support for MQL5 account passwords longer than 32 characters.
  17. Terminal: Fixed export of certificates when working in Wine. This option is used for accounts with extended authentication, when migrating such accounts from desktop to mobile.
  18. Terminal: Fixed buttons opening MQL5 services in the lower panel of the Toolbox window. The buttons were inactive when the window was undocked.
  19. MQL5: We continue adding vector and matrix support. The new functions will significantly expand the possibilities for neural network-based solution developers.
  20. MQL5: Added DEAL_SL and DEAL_TP values in the ENUM_DEAL_PROPERTY_DOUBLE enumeration ? the Stop Loss and Take Profit levels of a deal.

    The relevant values for entry and reversal deals are set in accordance with the Stop Loss/Take Profit of orders, which initiated these deals. The Stop Loss/Take Profit values ??of appropriate positions as of the time of position closure are used for exit deals.

  21. MQL5: Added the MQL_HANDLES_USED value in the ENUM_MQL_INFO_INTEGER enumeration ? the number of active class objects (handles) in an MQL program. These include both dynamic (created via new) and non-dynamic objects, global/local variables or class members. The more handles a program uses, the more resources it consumes.
  22. MQL5: Added new methods for working with the MqlCalendarValue structure which describes an economic calendar event:
    • HasActualValue(void) ? returns true if the actual value is set; otherwise returns false
    • HasForecastValue(voi d) ? returns true if the forecast value is set; otherwise returns false
    • HasPreviousValue(void) ? returns true if the previous value is set; otherwise returns false
    • HasRevisedValue(void) ? returns true if the revised value is set; otherwise returns false
    • GetActualValue(void) ? returns the actual value of an event (double) or nan if the relevant value is not set
    • GetForecastValue(void) ? returns the forecast value of an event (double) or nan if the relevant value is not set
    • GetPreviousValue(void) ? returns the previous value of an event (double) or nan if the relevant value is not set
    • GetRevisedValue(void) ? returns the revised value of an event (double) or nan if the relevant value is not set
  23. MQL5: Fixed debugging of the MQL5 programs which use libraries in the form of EX5 files.
  24. MQL5: Accelerated compilation of programs containing large arrays initialized by a sequence.
  25. MQL5: Fixed execu tion of the CopyTicksRange function with custom trading symbol data. The function could return data out of the requested period.
  26. Signals: Added capability to automatically renew Signal subscriptions.

    Your subscription will not end abruptly, as the system will automatically renew it for another month through the payment method that you previously used for the initial subscription purchase.

    Enable auto renewal for your Signal subscription

    If you made your previous payment using a card and the renewal payment fails, the system will try to make a payment from your MQL5 account balance.

    Do not worry about changes in subscription pr ices. If the price grows, auto-renewal will be canceled. You will receive a relevant notification by email.

    You can enable or disable the auto renewal option at any moment via the My Subscriptions section at MQL5.com.

    Manage auto renewals from the My Subscriptions section at MQL5.com

  27. Signals: Fixed display of the Signals showcase. Now the system correctly identifies the compatibility of signals with the current account.
  28. Market: Added product search by the author’s name and login in the Market showcase. Previously, the service only supported search by product name and description.
  29. VPS: Improved t he auto subscription renewal option.

    Previously, the payment for the renewal could only be made from the MQL5 account balance. The user had to make sure the relevant amount is available on their account.

    Now there is no need to top up the MQL5 account. The system will renew the subscription using the same payment method which you used for the initial subscription. If you paid for the VPS with a card and enabled the auto renewal option, the system will use the same payment method for the new subscription period. If the payment fails, the system will try to make a payment from your MQL5 account balance.

    Use cards and other payment methods for auto renewal

    With the new option, you can be sure that your Expert Advisors a nd signal subscriptions will not stop due to the end of the VPS period. Furthermore, there is no need to check and top up your balance manually.

    The option will only be used for new subscriptions. Payments for the renewal of existing subscriptions will be made from the MQL5 account balance.
  30. Tester: Fixed visual testing errors. Under certain conditions, charts could fail to display indicators used in Expert Advisors.
  31. MetaEditor: Fixed jumping to the function or variable declaration using Alt+G. The action could fail if the declaration was below the call line.
  32. MetaEditor: Added display of the object type for references to class objects in the debugger.
  33. Fixed errors reported in crash logs.

MetaTrader 5 iPho ne/iPad, MetaTrader 5 Android

  1. Added display of a disclaimer during application start. Please read it carefully. Additionally, some brokers can automatically create a demo account during the first start of the application. In this case, you will see the relevant terms.

    Disclaimers added in MetaTrader 5 for iPhone/iPad

  2. Added capability to connect an account to monitoring in the Signals service directly from the mobile application. This can be done by selecting “Account Monitoring” from the menu. For convenience, the account number and the broker name are automatically added to the registration window. You should additionally specify the signal name and a n investor password.

    Connect your account to the monitoring to access advanced trading statistics, to share the results with other traders or to start selling your signals.

  3. Added support for Huawei AppGallery and HMS Services for mobile terminals running on Android OS. Huawei smartphone owners can install the app from the relevant store and use push notifications.

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/378362

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

MetaQuotesソフトウェアは20周年です!

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

no image

32ビットバージョンのサポートは、次のMetaTrader 5アップデートで終了します

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2875:改善と修正

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。MetaTrade

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2340:テスターでのアカウント設定の管理とPythonとの拡張された統合

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。原文:The Me

記事を読む

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2265:MQL5の3D視覚化とStrategy Testerのシンボル設定のためのDirectX関数

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

 

Translate »
上に戻る