新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2860:WineとSQL統合の機能強化の改善

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

 

2021年3月26日(金)にメタトレーダー5プラットフォームのアップデートがリリースされます。新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

ターミナル。追加のMQL5.communityサービスを有効/無効にする機能を追加しました。例えば、MQL5のプログラミング記事やシグナルサービスのコピートレード機能に興味がない場合は、関連するセクションを無効にして、リソースとターミナルのワークスペースを最適化することができます。

 

 

デフォルトでは、すべてのサービスが有効になっています。

ターミナル macOSとLinuxのWineでのターミナル操作を大幅に最適化しました。

ドックされていないサービスウィンドウ(ナビゲーター、ツールボックス)をターミナルの境界を越えてドラッグすることができなくなりました。これまでは、ウィンドウをターミナルに戻す際にドラッグが困難になることがありました。
ウィンドウのサイズ変更時にサービス・ウィンドウのコンテンツのサイズを修正しました。
タスクマネージャーでのパフォーマンスメトリクスの表示を修正しました。
ツールバー上のアイコンの表示を改善しました。
チャットの未読メッセージカウンターを修正しました。
チャートのシステムコマンドの表示を修正しました。隠す」「広げる」「閉じる」の表示を修正しました。
ログの表示を修正
チャートのツールチップの表示を修正しました。
チャートの印刷コマンドを修正
Linuxスキンを使用しているときのトップメニューの表示を修正しました。
MetaEditorでGitHub, MSDN, Stack Overflowの検索を修正しました。

すべてのユーザーに、Wineを最新の安定版にアップデートすることをお勧めします。これにより、プラットフォームのパフォーマンスと信頼性が向上します。
ターミナル。BORSA Istanbulでの取引において、「Market To Limit」注文のサポートを追加しました。このような注文は、最初は成行注文として執行されます。流動性が十分でない場合は、残りの数量が最後の取引価格で指値注文としてオーダーブックに追加されます。
ターミナル。固定ボラティリティのチャート表示。これで、オプションボードで選択された有効期限に応じてチャートが構築されます。
ターミナル クイックサーチバーを使って取引商品をMarket Depthに追加することを修正しました。シンボル名にスペースがある場合、このシンボルはリストに追加されません。

 

MQL5。SQLデータベースでの作業の可能性を広げました。クエリは様々な統計・数学関数をサポートしています。

統計関数

最頻値
中央値 (50パーセンタイル)
パーセンタイル_25
パーセンタイル_75
パーセンタイル_90
パーセンタイル_95
パーセンタイル_99
stddev or stddev_samp ? “サンプル標準偏差
stddev_pop ? “母集団 “の標準偏差
variance or var_samp ? “サンプル分散
var_pop ? “母集団分散

数学的関数

acos(X)
acosh(X)
asin(X)
asinh(X)
atan(X)
アタン2(X,Y)
atanh(X)
天井(X)
天井(X)
cos(X)
コシュ(X)
度(X)
exp(X)
フロア(X)
ln(X)
log(B,X)
log(X)
log10(X)
log2(X)
mod(X,Y)
π()
pow(X,Y)
power(X,Y)
ラジアン(X)
sin(X)
sinh(X)
sqrt(X)
tan(X)
tanh(X)
trunc(X)

select count(*) as book_count, cast(avg(parent) as integer) as mean, cast(median(parent) as integer) as median, mode(parent) as mode, percentile_90(parent) as p90, percentile_95(parent) as p95, percentile_99(parent) as p99 from moz_bookmarks;
MQL5: 新しいマクロを追加しました。

COUNTER__ 呼び出すたびに1つずつ増えていきます。テンプレートやマクロの中で使用されている場合は、個別のカウンターが提供されます。
これはMathRand関数の類似品です。
MQL5: チャートシンボルが存在しない場合の同期チャート要求の動作を修正しました。この関数は、結果をいつまでも待つのではなく、関連するエラーを返すようになりました。シンボルが存在しないという状況は、異なる取引商品のセットを持つ取引口座を切り替えた場合に発生します。
MQL5。CopyTicks*関数を最適化して高速化しました。
MetaEditor。履歴データを使ったプロファイリングとデバッグの順序を変更しました。

プロファイリングは常に非ビジュアルモードで実行されるようになりました。デフォルトのデバッグも非表示モードで実行されます。適切なオプションはMetaEditorの設定で手動で有効にできます。

 

 

MetaEditor: サービスをプロファイルする機能を追加しました。このプロセスは他のMQL5プログラムと同様です。
メタエディタ。プロファイラーレポートでの関数名の表示を修正しました。特定の条件下で、名前が<unknown>として指定されることがありました。
ドキュメントが更新されました。

 

このアップデートは、Live Updateシステムを通じて提供されます。




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, March the 26th, 2021. The new version features the following changes:

  1. Terminal: Added ability to enable/disable additional MQL5.community services. For example, if you are not interested in MQL5 programming articles or copy trading features of the Signals service, you can disable the relevant section to optimize resources and terminal workspace.

    Disable unused services to save resource s and workspace

    All services are enabled by default.

  2. Terminal: We have significantly optimized terminal operation under Wine on macOS and Linux:
    • Now undocked service windows (Navigator, Toolbox) cannot be dragged beyond terminal borders. Previously, this could cause difficulty in dragging windows back to the terminal.
    • Fixed resizing of service window contents when resizing the window.
    • Fixed display of performance metrics in Task Manager.
    • Improved display of icons on the toolbar.
    • Fixed unread message counter in chats.
    • Fixed display of chart system commands: Hide, Expand and Close.
    • Fixed log display.
    • Fixed display of chart tooltips.
    • Fixed chart print commands.
    • Fixed display of the top menu when usi ng Linux skins.
    • Fixed search in GitHub, MSDN and Stack Overflow in MetaEditor.

    We recommend all users to update Wine to the latest stable version. This will increase the platform performance and reliability.
  3. Terminal: Added support for “Market To Limit” orders when trading on BORSA Istanbul. Such an order is initially executed as a market order. If liquidity is not enough, the remaining volume is added to the order book as a limit order with the last deal price.
  4. Terminal: Fixed volatility chart display. Now, the chart is built in accordance with the expiry date selected on the options board.
  5. Terminal: Fixed adding of trading instruments to the Market Depth via the quick search bar. If the symbol name has a space, this symbol will not be added to the list.

    To add an instrument to the Market Watch, type its name in the search bar

  6. MQL5: Expanded possibilities for working with SQL databases. Queries now support a variety of statistical and mathematical functions.

    Statistical functions

    • mode
    • median (50th percentile)
    • percentile_25
    • percentile_75
    • percentile_90
    • percentile_95
    • percentile_99
    • stddev or stddev_samp ? sample standard deviation
    • stddev_pop ? population standard deviation
    • variance or var_samp ? sample variance
    • var_pop ? population variance

    Mathematical functions

    Example

  7. MQL5: Added new macros:
    • __COUNTER__ ? increases by one on each call. Separate counters are provided when used in templates and macros.
    • __RANDOM__ ? generates a random ulong number; it is an analogue of the MathRand function.
  8. MQL5: Fixed operation of synchronous chart requests in cases when the chart symbol does not exist. Now, the functions return a relevant error instead of waiting indefinitely for a result. A situation with a non-existent symbol be caused by switching between trading accounts with different sets of trading instruments.
  9. MQL5: Optimized and accelerated CopyTicks* functions.
  10. MetaEditor: Changed order of profiling and debugging using historical data.

    Profiling now always runs in non-visual mode. Default debugging also runs in non-visual mode. The appropriate option can be enabled manually in MetaEditor settings:

    For visual debugging enable the appro priate option in MetaEditor settings

  11. MetaEditor: Added ability to profile services. The process is similar to other MQL5 programs.
  12. MetaEditor: Fixed display of function names in the profiler report. Under certain conditions, the names could be specified as <unknown>.
  13. Documentation has been updated.

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://ww w.mql5.com/en/forum/365602

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 

Translate »
上に戻る