新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2815:Pythonからの市場の深さへのアクセス、改良されたデバッガー、およびプロファイラーの改善

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

2021年2月26日(金)にメタトレーダー5プラットフォームのアップデートがリリースされます。新バージョンでは、以下のような変更点があります。

 

ターミナル。Python API経由でDepth of Marketデータにアクセスする機能を追加。

3つの新しい関数により、統計計算や機械学習タスクのためのデータを素早く取得することができ、豊富なアウトオブボックスのPythonライブラリを使用して実装することができます。

market_book_add ? 指定されたシンボルのDepth of Marketの変化に関連するイベントを受信するためにメタトレーダー5ターミナルをサブスクライブします。
market_book_get ? 指定されたシンボルのDepth of Marketレコードを含むタプルをBookInfoから返します。
market_book_release ? 指定されたシンボルの市場の深さの変化に関連したイベントに対する MetaTrader 5 ターミナルの購読をキャンセルします。

端末です。Push メッセージの最大長が 256 文字から 1024 文字になりました。これにより、モバイルデバイス上のMQL5プログラムからより多くの情報を送信できるようになりました。

ターミナル F2キーを押して呼び出すことができるタスクマネージャーの暫定版を追加しました。

タスクマネージャーでは、プラットフォームで消費されるリソースのモニタリングが可能です。チャートが消費するメモリ量、Expert Advisorsが使用するCPUリソース、その他のパフォーマンス指標を確認できます。プラットフォームのパフォーマンスが低下した場合、その問題を簡単に検出して修正することができます。

 

 

 

ターミナル。サブスクリプションサービスの強化。遅延気配を持つシンボルに特別な表示が追加されました。

Market Watchのシンボルには時計のアイコンが表示され、ツールチップには遅延の値が表示されます。
データ遅延の通知がチャートに表示されるようになりました。

 

 

 

 

端子。取引口座が接続されていない場合の購読リストの表示を修正しました。

ターミナル メールやニュースレターのリンクを修正しました。すべてのリンクがデフォルトのブラウザで開くようになりました。以前は、リンクはInternet Explorerでしか開きませんでした。
ターミナル WebRequest 機能から IPv6 アドレスと Cloudflare の保護機能を持つホストへの接続を修正しました。
Terminal: VPS サービスの機能と応答性を改善しました。
ターミナル M1プロセッサーを搭載したmacOS Big Sur用のバージョンを含め、W ineおよびMacOS/Crossoverでの動作を改善しました。
MQL5: ArrayPrint関数のエラーを修正しました。この関数は、配列の印刷に失敗することがありました。

MQL5: File*関数で実行されるファイル操作を最適化しました。ファイルの読み取りと書き込みの動作がより速くなりました。

MQL5: MQL5: 動的配列を関数のパラメータとして使用する場合、その2次元、3次元、4次元のサイズを指定する必要があるという制限がなくなりました。これにより、コードの再利用性と柔軟性が向上しました。

void func(int &arr[ ][ ][ ][ ]) { }.
MQL5: ArrayBsearch関数の操作を修正しました。この関数は、バイナリ検索の際に見つかった要素の不正なインデックスを返すことがありました。
MetaEditor: 刷新されたデバッガーでさらに新しい機能が利用できるようになりました。

ArraySetAsSeriesで設定されたソートにしたがって観測ウィンドウに配列が表示されるようになりました。
ローカルスタティック変数のサポートを追加しました。
指定された配列要素の値の表示を修正しました。

スタティック」クラスのフィールドの処理を修正しました。
その他、より正確で確実なデバッグのための改良。

 

MetaEdit or: オプション「プロファイリングで最適化を有効にする」を追加しました。

コードの最適化モードを無効にして、プロファイリングレポートに詳細な情報を含めることができます。最適化を行わない場合、コードスピードは数倍遅くなりますが、このモードではより広いコードカバレッジが得られます。最適化を行うと、コードのボトルネックが不明確になることに注意してください。

プロファイリングでインライン化を有効にする」を無効にすると、よりマイルドなプロファイリングモードになります。

 

 

また、プロジェクト設定に最適化管理オプションが追加されました。

プロジェクトで最適化が無効になっている場合は、この新しいオプションは無視され、プロファイリング(インライン操作を含む)では常に最適化が無効になります。
プロジェクトで最適化が有効になっている場合は、プロファイリングのコンパイル時に新しいオプションが考慮されます。

MetaEditor: デバッグとプロファイリングプロセスのためのログを追加しました。環境設定は操作開始時に記録され、収集されたデータの統計は操作停止時に記録されます。

MQL5のプロファイラーがパラメータ付きの履歴で’ExpertMACD.ex5’を開始します。
MQL5 プロファイラーのシンボル。’EURUSD’
MQL5 プロファイラーの期間:「H1」。
MQL5プロファイラの開始日:’2021.01.01′
MQL5のプロファイラーの日付: ‘2021.02.22 ‘2021.02.22’
MQL5のプロファイラー &nbs p; ticks mode: ‘every tick’ (毎クロック)
MQL5プロファイラーの実行遅延 0ミリ秒
MQL5プロファイラーの入金額:10000
MQL5のプロファイラーの通貨: ‘USD’
MQL5 プロファイラーのレバレッジ 1:100
MQL5のプロファイラーの利益(ピップス)。NO
MQL5プロファイラーのプロファイルデータを受信(4640バイト
MQL5プロファイラー 合計758回の測定、0/0エラー、470kbのスタックメモリを分析
MQL5プロファイラ 7782個のファンクションフレームが見つかりました(1929個のmql5コード、342個のビルトイン、1403個のその他、4108個のシステム)。

テスター 高度なテスト設定で非取引時間の指定を修正しました。

ドキュメントを更新しました。




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, February the 26th, 2021. The new version features the following changes:

  1. Terminal: Added ability to access Depth of Market data via the Python API.

    Three new functions allow quick obtaining of data for statistical calculations and machine learning tasks, which can be implemented using a plethora of out-of-the-box Python libraries.

    • market_book_add ? subscribes the MetaTrader 5 terminal to receive events related to changes in the Depth of Market for the specified symbol.
    • market_book_get ? returns a tuple from BookInfo containing the Depth of Market records for the specified symbol.
    • market_book_release ? cancels MetaTrader 5 terminal subscription to events related to changes in the Depth of Market for the specified symbol.
  2. Terminal: The maximum length of Push messages has been increased from 256 to 1024 characters. Now, you can send more information from your MQL5 programs on mobile devices.
  3. Terminal: Added a preliminary version of the Task Manager, which can be called by pressing the F2 key.

    The Task Manager enables monitoring of resources consumed by the platform. You can view the amount of memory c onsumed by charts, CPU resources used by Expert Advisors and other performance metrics. If your platform performance slows down, you can easily detect and fix the problem.

    Use the Task Manager to control the resources consumed by the platform

  4. Terminal: Enhanced Subscriptions service. A special indication has been added for symbols having delayed quotes:
    • Symbols in Market Watch are marked with a clock icon, and the delay value is displayed in the tooltip
    • Data delay notification is displayed on charts

    Symbols with delayed quotes are marked with a special indication

  5. Terminal: Fixed display of the Subscriptions list when there is no trading account connection.
  6. Terminal: Fixed links in emails and newsletters. All links now open in the default browser. Previously, links opened only in Internet Explorer.
  7. Terminal: Fixed connections from the WebRequest function to hosts with IPv6 addresses and Cloudflare protection.
  8. Terminal: Improved functionality and responsiveness of the VPS service.
  9. Terminal: Improved operation under W ine and MacOS/Crossover, including the version for macOS Big Sur with the M1 processor.
  10. MQL5: Fixed error in the ArrayPrint function. The function could occasionally fail to print arrays.
  11. MQL5: Optimized file operations performed by File* functions. Now, file reading and writing operations run much faster.
  12. MQL5: Removed the restriction requiring the specification of size for the second, third and fourth dimensions of a dynamic array, when the array is used as a function parameter. This increases code reuse and flexibility.
  13. MQL5: Fixed ArrayBsearch function operation. The function could return an incorrect index of the found element during a binary search.
  14. MetaEditor: More new features have become available in the revamped debugger.
    • Arrays are now displayed in the observation window in accordance with the sorting set by ArraySetAsSeries.
    • Added support for local static variables.
    • Fixed display of the specified array element value.
    • Fixed handling of ‘static’ class fields.
    • Other improvements for more accurate and reliable debugging.
  15. MetaEdit or: Added option “Enable optimizations in profiling”.

    Code optimization mode can be disabled in order to include more details in the profiling report. Code speed without optimization can be several times slower, but this mode provides a wider code coverage. Please note that with optimization code bottlenecks can be imprecise.

    A milder profiling mode can be set by disabling the “Enable inlining in profiling”.

    Added ability to enable and disable code optimization during profiling

    The optimization management option has also been added to project settings.

    • If optimization is disabled in the project, then the new option is ignored, and thus optimization will always be disabled for profiling (including inlining operations).
    • If optimization is enabled in the project, then the new option will be taken into account during profiling compilation.
  16. MetaEditor: Added logging for debugging and profiling processes. Environment settings are logged at operation start; collected data statistics is logged at operation stop.
    MQL5 profiler    starting ‘ExpertMACD.ex5’ on history with parameters:
    MQL5 profiler       symbol: ‘EURUSD’
    MQL5 profiler       period: ‘H1’
    MQL5 profiler       date from: ‘2021.01.01’
    MQL5 profiler       date to: ‘2021.02.22’
    MQL5 profiler  &nbs p;    ticks mode: ‘every tick’
    MQL5 profiler       execution delay: 0 ms
    MQL5 profiler       deposit: 10000
    MQL5 profiler       currency: ‘USD’
    MQL5 profiler       leverage: 1:100
    MQL5 profiler       profit in pips: NO
    MQL5 profiler    profile data received (4640 bytes)
    MQL5 profiler    758 total measurements, 0/0 errors, 470 kb of stack memory analyzed
    MQL5 profiler    7782 total function frames found (1929 mql5 code, 342 built-in, 1403 other, 4108 system)
  17. Tester: Fixed specification of non-trading hours in advanced testing settings.
  18. Updated documentation.

 

The update will be available through the Live Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/363681

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

新しいMetaTrader 5プラットフォームビルド2470

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 MetaTrad

記事を読む

MQL5.communityの3つの新しい言語:フランス語、イタリア語、トルコ語

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2690:MetaEditorの改善

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2980:トレードオペレーションのプッシュ通知

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 202

記事を読む

新しいMetaTrader5プラットフォームベータビルド3060:MQL5サービスの改善とデザインの更新

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

 

Translate »
上に戻る