新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2755:ポップアップ価格ウィンドウとデバッガーの改善

公開日: : メタクォーツ最新情報

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。

MetaTrader 5プラットフォームのアップデートは、2021年1月15日金曜日にリリースされます。新しいバージョンには、次の変更が含まれています。

  1. ターミナル:任意の画面サイズで金融シンボルの価格を表示できるように、 ポップアップ価格ウィンドウを改訂しました。

    ウィンドウは複数列の表示をサポートするようになり、画面スペースを効率的に利用できるようになりました。表示モードを切り替えるには、ウィンドウのプロパティダイアログを使用します。

    Support for multi- column display in the Popup Prices window

    このウィンドウのさらなる改善は次のとおりです。

    • 列選択メニューを追加しました。メニューには、マーケットウォッチで使用できるのと同じシンボルプロパティがあります。
    • 多数の金融商品による最適化された運用。ウィンドウのパフォーマンスは、10台の機器と1000台の機器で同等に高くなっています。
    • ツールチップに機器の簡単な情報の表示を追加しました。
    • 価格の上昇と下降を表示するための色設定の適用を修正しました。

  2. ターミナル:合成市場深度のティックチャートに取引の表示を追加しました。

    レベル2の価格が提供されていないシンボルに 蓮合成市場の深さが使用されます。この場合、レベルは、最良の買値と売値から開始して、価格変更ステップに等しい距離で自動的に構築されます。これで、シンボルの最終取引価格と出来高データが提供されている場合、関連データがティックチャートに表示されます。情報は円で表示されます。

    • 赤い丸は売り取引を示しています。
    • 青い円は購入トランザクションを示します。
    • トランザクションの方向が定義されていない場合、緑色の円が表示されます。

    円が大きいほど、トランザクションの量が多くなります。

    Synthetic Market Depth now shows information about the last deal price and volume

  3. ターミナル: オプションボードでのギリシャ語の計算を修正しました。オプションの原資産の最終取引価格がゼロの場合、エラーが発生する可能性があります。
  4. ターミナル:追加の取引サービスの提供を可能にする新しい「サブスクリプション」サービスの実装を継続します。最近、依存サブスクリプションの表示を修正しました。このようなサブスクリプションは、バンドルされたサービスに使用されます。
  5. ターミナル: Wineでのプラットフォーム操作が改善されました。
  6. MQL5:マウスの右ボタンと中ボタンを離したときのChartEventイベントの生成が追加されました。このイベントは、グラフィカルパネルを作成するときに利用できます。イベントを有効にするには、CHART_CONTEXT_MENUプロパティを使用してチャートのコンテキストメニューを無効にします。
  7. MQL5:スリープ機能の待機時間に重大なエラーを引き起こすバグを修正しました。
  8. MetaEditor:デバッガーのグローバルアップデートを開始しました。 観察された表現のウィンドウが大幅に改善されました。これで、配列とオブジェクトのコンテンツをドロップダウンリストとして表示したり、ポインタ値を表示したり できるようになりました。

    View the contents of arrays and objects while debugging

    配列またはオブジェクトを表示するには、観測ウィンドウでそれらをダブルクリックします。

  9. MetaEditor:いくつかのプロジェクトを開くときのフリーズを修正しました。
  10. ドキュメントが更新されました。

アップデートは、ライブアップデートシステムから入手できます。




原文:

The MetaTrader 5 platform update will be released on Friday, January the 15th, 2021. The new version features the following changes:

  1. Terminal: Revised Popup Prices window which allows viewing financial symbol prices on any screen size.

    The window now supports multi-column presentation, enabling the efficient utilization of screen space. To switch the display mode, use the window properties dialog.

    Support for multi-column display in the Popup Prices window

    Further improvements in this window are as follows:

    • Added column selection menu. The menu features the same symbol properties which are available in Market Watch.
    • Optimized operation with a large number of financial instruments. The window performance is now equally high for 10 and fo r 1000 instruments.
    • Added display of brief instrument information in a tooltip.
    • Fixed applying of color settings for displaying rising and falling prices.

  2. Terminal: Added display of deals on the tick chart of the synthetic Market Depth.

    Synthetic Market Depth is used for the symbols, for which Level 2 prices are not provided. In this case, levels are built automatically, at distances equal to a price change step, starting from the best Bid and Ask prices. Now, if the last deal price and volume data is provided for a symbol, the relevant data is displayed on the tick chart. The information is displayed as circles:

    • Red circles show Sell transactions.
    • Blue circles show Buy transactions.
    • Gre en circles appear when the direction of the transaction is undefined.

    The larger the circle, the greater the volume of the transaction.

    Synthetic Market Depth now shows information about the last deal price and volume

  3. Terminal: Fixed calculation of Greeks in the options board. An error could occur if the option’s underlying asset had a zero last deal price.
  4. Terminal: We continue implementing the new “Subscriptions” service, which enables the provision of additional trading services. Recently, we have fixed the display of dependent subscriptions. Such subscriptions are used for bundled services.
  5. Terminal: Improved platform operation under Wine.
  6. MQL5: Added generation of ChartEvent events upon the release of the right and middle mouse buttons. This event can be utilized when creating graphical panels. To enable the events, disable the chart context menu via the CHART_CONTEXT_MENU property.
  7. MQL5: Fixed a bug causing a significant error in the Sleep function waiting time.
  8. MetaEditor: We have initiated the global update of the debugger. The window of observed expressions has been significantly improved. Now, it allows viewing the contents of arrays and objects as drop-down lists, as well as pointer values.

    View the contents of arrays and objects while debugging

    To view an array or object, double-click on it in the observation window.

  9. MetaEditor: Fixed freezing when opening some projects.
  10. Documentation has been updated.

The update will be available through the Li ve Update system.

参照URL:https://www.mql5.com/en/forum/360211

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

macOS用のMetaTrader5:既製のDMGパッケージとCrossOverアップデート

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &nb

記事を読む

no image

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2715:一般的な改善

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。MetaTrade

記事を読む

no image

MetaQuotesソフトウェアは20周年です!

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。本日、MetaQu

記事を読む

トラデイズ経済カレンダーは南アフリカを特集

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。 &

記事を読む

no image

新しいMetaTrader5プラットフォームビルド2860:WineとSQL統合の機能強化の改善

※これはMQL5のMetaQuotesの最新情報を自動翻訳&自動投稿したものです。原文:The Me

記事を読む

 

Translate »
上に戻る