*

合成通貨アービトラージEA

まず合成通貨のパターンを構成する通貨を選択します。

どんなに採用通貨ペアが少ないFX業者でも利用できるように
主要7通貨ペアを採用します。

ドル、円、ポンド、ユーロ、カナダドル、オーストラリアドル、スイスフラン
です。

7つの通貨の通過ペアパターンは、7C2=21通りあります。

それぞれに対して、21x(7-2)通りの合成通貨パターンを書きだします。

AskとBidの2通りのレートが存在するので、
それぞれの意味合いが消失しないように、AskとBidを選択して合成通貨を作成します。

bandicam-2016-12-28-18-18-21-546

かなり見にくいですが、
このような表になります。

そして、
レートの差が大きくなった瞬間に、そのレート差が埋まる方向に両建てをします。

本当に一瞬なので、この処理はマルチタスクで行います。
といっても、MT4にはマルチタスク専用の機能はないので、

グローバル変数を使ってデータの受け渡しをします。

この記事の最後にあるソースコードをコンパイルしてEAを生成したら、
同じチャートを4つ開き、それぞれにこのEAをセットします。

1~3回目までは、左上にコメントが表示され、
4回目に画像の表が表示されます。

表がでているチャートのEAがメインの計算を行い、
その他のEAはオーダーの管理を行います。

もともとは4つそれぞれ、
別々のEAだったのですが、

設定する側が混乱する元になるので、
すべて統合しました。

そのため、ソースコードはEA4つ分になっています。

パラメータ設定の「DifferencePoint」がエントリーを実行するpips差を表し、
合成通貨とメイン通貨ペアのレート差がこの設定値以上になると、
エントリーを実行します。

スピード勝負なので、高速なコンピュータ&高速ネットワーク勝負ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピー元と逆向きのポジションをコピ

記事を読む

no image

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせがあるので、続きを書こうと思い

記事を読む

EAにかける制限のあれこれ

良いEAができると、クレクレ厨がよってきますが、身内の人にこっそりと配布したい場合もあります。 し

記事を読む

no image

久しぶりにMQL4を触って違和感を覚えたこと(覚書)

ほとんどの人には関係ない記事だと思います。 開発者の方が検索してたまたま見てもらうような覚書で

記事を読む

第4回:新規ポジションを送信する記述

ここでは MQLに特有の”新規ポジションの取得” を記述していきます。 OrderSend

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
【MAクロス】仮想通貨でシステムトレード検証(ソフト無料プレゼントあり)

MT4/MT5でも仮想通貨チャートが増えてきたので、そろそろ自動売買や

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

→もっと見る

PAGE TOP ↑