*

ネッテラーの次は?

2016年の9月より、
FX会社の入出金手段の一つであったネッテラーが使えなくなりました。

正確には利用することはできますが、
マイナンバーの登録が必要です。

(プリペイドカードは利用不可)

これは、FX関連というよりも
オンラインカジノ業界で使われ過ぎたことが原因です。

オンラインカジノ自体は、日本の法律では特別規定されておらず
違法とも、違法でないとも言えないグレーゾーンでしたが、

オンラインカジノで大金を稼いだにも関わらず、
納税しない方々が原因で、規制が入ったようです。

電子決済には、他に
スクリル(ネッテラーグループ)
WebMoney(日本のウェブマネーとは別のロシアのウェブマネー)
ePayments(ロンドン会社)
などがありますが、

現在、一番有力なのは、
ePayments
だと思います。(責任はとれません。)

ePaymentsはすべて英語ですが、
オンラインカジノ関連ではなく、

メタクオーツも出金方法の1つとして採用しているので、
筆頭株だと言えると思います。

スクリルに関しては、
ネッテラーと同じグループなので、規制は時間の問題でしょう。

ロシアのWebMoneyは、
ロシア人であれば電気料金などを払ったりすることができ、
アメリカ系の圧力にも強そうなのですが、

現金の入出金には弱いので、
現在は候補外だと思います。

また、ePaymentsが有力ではありますが、
ビットコインも流れが来ていると感じます。

海外のFX会社はビットコインの入出金に対応している会社も増えてきていますし、
日本の現在の法律では仮想通貨は”通貨”ではないので、

いろいろと扱いやすいと思います。

これを機会に、ビットコインウォレットの1つでも
作ってみるのはいかがでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

チャートのスプレッドよりも実際のスプレッドが大きい…

トレードでは基本的にスプレッドが手数料として上乗せされています。通常であればBid=Close(終値

記事を読む

MAM,PAMMの落とし穴

MAM,PAMMはFX会社のファンドのようなものですが、 落とし穴が存在ます。 まず一つ目は

記事を読む

FXのファンド MAM PAMM

FX会社には、ファンドを運営している会社があります。 FX会社によって、呼び名、定義は異なりま

記事を読む

金融庁がHSBCに圧力?

(噂の範囲です) 2016年9月にオンラインカジノで利用されていたネッテラーを 日本人が使う

記事を読む

Tier1終了のお知らせ

日本人はTier1が利用できなくなりました。 以下、本件に関するTier1の案内です。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽者がいるらしいのでご注意ください。
バイナリーオプションで特定の手法が勝てるかどうか検証する方法

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証の

【MQL4】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。その⑩

今回はリバーストレードができるように改良します。 端的に言うと、コピ

【一覧】シンプルに稼働するコピートレードツールを作る。

MT4以外のソフトを使わずに、DLLも使わずに、同一コンピュータ上で高

自動売買プログラム他 無料プレゼント 2019年2月

口座開設プレゼント企画 下記のリンクより口座開設していただいた方にお

MT4/MT5対応のFX/仮想通貨 業者 一覧

MT4とEAが利用可能な業者一覧 .brokers{

→もっと見る

PAGE TOP ↑