*

FX完全未経験者がFXを始めるまでに必要なこと

公開日: : 海外FXのQ&A

多くの人が日常の忙しい生活の中、FXに何かしらの希望を見出してFXを始めてみようと思い立つわけですが、何か新しいことを始めるのにはきっと労力が必要になるだろうと思ってしまうものです。

実際にFXを始めるまでに必要なステップはかなり少ないのですが、それでも全体像が先に見えていることで気が楽になることもあります。

これは、「とりあえずFXを始めてトレードするところまでパパっとやってみたい」という方向けの記事です。

 

取引するFX会社を決める

まずFXを始めるには何はともあれ取引口座が必要です。そのためには取引口座を作るFX会社を決めなければなりません。

 

国内FX業者か海外FX業者か

FX会社には日本国内に登録している業者と、海外に登録していて日本語対応している海外FX業者があります。それぞれ、メリット/デメリットありますが、最初は国内のFX会社で良いと思います。

 

国内のFX会社では、レバレッジ(入金した金額に対してトレード可能な金額の比率)が小さいので、「FXで一気に爆益!」のようなことはできませんが、いろいろ安定しています。(とりあえず、オアンダというFX会社にしておけば問題ないです。)

[国内FX会社一覧]おすすめFX業者

ただし、国内FX会社の場合は、口座開設の申し込みから実際にトレード開始までに数日かかってしまうので、正直なところ、「FXを始めよう!」という熱が冷めやすいです。

 

 

海外FX会社はいろいろな特色を出している会社がありますが、基本的に国内FX会社では物足りなくなった人向けです。(海外FX会社の場合はとりあえず最初はXMという会社にしておけば問題ないです。)

[FX業者]海外/国内,MT4/MT5,仮想通貨/ビットコイン対応おすすめ一覧比較

ただ、海外FX会社の場合は、口座開設から実際に取引するまでの時間がとても短いので、FXに対する熱が冷めないうちにトレードを始めることができます。

 

(証券会社のFX口座はオススメできない)

国内の証券会社では、株取引の他にFX口座を用意している証券会社が多いですが、オススメはできません。手数料がバカ高すぎます。(ただし、SBIは除く)

 

SBIだけはFXでも手数料が安いので、もともとSBIの株取引用口座を持っている人なら良いですが、それ以外の証券会社は取引手数料を必ず確認してからにしてください。勝てたはずのトレードも、手数料が高すぎて、負けるトレードに早変わりです。

 

 

(FX会社の評判を調べる)

パパっとFX業者を決めてすぐに口座開設しても良いのですが、できればその会社がちゃんとした会社なのかどうかを調べておくと良いと思います。「オアンダ 評判」とか「XM 評判」とかでググってね。

 

ちなみに、CMをやっているからと言って、GMO FXやDMM FXが良いとは限りません。というか、この二社は避けた方が良いです。出た利益の出金拒否などがあります。

 

(パソコンは買わなくてもいい)

トレードする上でパソコンはあった方が良いですが、スマートフォンがあれば とりあえずスタートすることが可能です。もとを取れるかどうかわからないのに、FXのためだけにパソコンを新規購入する必要はありません。(節税対策ならいいかもしれないですけど…)

 

何かしらのパソコンをすでに保有している人はパソコンでやってみましょう。

 

 

 

口座を開設する

住所確認書類と本人確認書類を準備する

口座を開設する際には住所確認書類と本人確認書類がもれなく必要になってきます。スキャナーでスキャンしたものでなくても、スマホで撮った写真でも昨今はOKです。もし住所確認書類と本人確認書類の画像・写真を用意していない場合は撮っておきましょう。

 

住所確認書類・本人確認書類はそれぞれのFX会社で対応しているものが異なりますが、基本的には、

本人確認書類:マイナンバーカード、住民基本台帳カード、運転免許証、パスポート

住所確認書類:マイナンバーカード、運転免許証、住民票の写し、公共料金の支払い明細などがあればOKです。

 

一部の海外FX会社では、本人確認書類が実質パスポートのみの場合もあるので、(特に日本語を読めるスタッフがいないような海外FX会社)パスポートがない場合は、パスポートを作るしかありません。

 

本人確認・住所確認の処理を待つ

本人確認書類はそれぞれのFX会社の中の人が手動で確認します。基本的には即日完了する場合がほとんどですが、それでも2~3時間は待たされるかもしれません。

 

住所確認については、国内のFX会社の場合、入力した住所宛に書留郵便が届くことがあります。そのため、必然的に最低でも2~3日は住所確認が完了できません。(この間に熱が冷める~)

海外FX会社の場合は書留郵便による住所確認はありません。

 

入金する

国内のFX会社の場合、ほとんどが銀行送金による入金のみとなっています。そのため、反映には数時間~数日かかる場合がほとんどです。

 

海外FX会社の場合は、電子マネーやクレジットカードによる入金がメインの業者が多いので、すぐに入金が反映されますが、そもそも海外FXが初めての場合は、そういった電子マネー(bitWallet, SticPay, Nettelerなど)のアカウント自体開設していないと思うので、結局同じです。

 

金額としては1~5万円程度入れれば十分です。1万円以下だと、最小取引量の必要証拠金が維持できず、トレードがマイナスの状態で強制終了される可能性があります。

 

いよいよトレード

(トレードソフトを選ぶ)

FX会社によってはさまざまな取引ツールを提供している会社があります。

代表的なものにはMT4, MT5, cTrader, jForex, TradeStationなどがありますが、MT4があればMT4にしてください。MT5がMT4の後継機だと聞いてもMT5にする必要はありません。

 

 

トレードソフトをインストールする

ほとんどのFX会社はMT4というトレーディングプラットフォームを採用しているので、Windows版、Mac版、スマホ版のMT4をダウンロード&インストールする形になります。

 

まれに独自プラットフォームを採用しているFX会社もありますが、その場合にはその会社指定のプラットフォームをダウンロードします。

 

Windows版/Mac版のMT4をダウンロードする場所は、そのFX会社のサイト上からになります。

スマホ版のMT4はGoogle Playで統一されていて、各社のサーバー情報を入力することで、それぞれのFX会社を認識させます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.metaquotes.metatrader4&hl=ja

 

チャートを表示させる

口座が認証され、入金が反映されたら、FXチャートを表示させてみましょう。最初はみんな大好き「ドル円チャート」が良いと思います。

ちなみに、MT4の詳しい使い方はこちら:MT4の取扱説明書

 

これでいよいよそれっぽくなってきました。FXチャートが表示されればもうFXトレーダーの仲間入りをしたようなものです。

 

とにかくトレードしてみる

「FXはいろいろな勉強をしてからでないとトレードできない」という訳ではありません。やりながら覚えていけばいいことだらけです。わざわざ覚えなくてもいいこともたくさんあります。

ただし、一つだけ注意しなければならないことがあります。

取引ロットだけには十分に注意してください。

取引ロットとはトレードの注文量のことです。これが小さければ大抵のことが起きても数十円程度の損失・勉強代で済みます。

 

逆に言うと、これを間違って100倍とかにしてしまうと、大きな損失が発生する可能性があります。(とは言っても、すぐに決済すれば数百円程度の損失で済みます)

 

いずれにしても、

入金した金額以上の損失が発生することは(まず)ない

ので、気楽にスタートしてください。

 

最初に設定しなければいけないのは、

取引量 と エントリーする方向(買いor売り) と 決済のタイミング

です。FXは株と違って、売りからスタートすることができます。

よく分からなければ、取引量=最小(0.01) で 買いエントリー からスタートしてみましょう。

 

 

税金の心配はトレードで勝ってから

トレードを始める前から税金の心配をする人もいますが、the捕らぬ狸の皮算用です。まず、税金をたんまり払わなければいけないほどFXで通年で勝てる人は多くないので、まず勝つことが先決です。

 

トレードの勉強をしてみる

トレードが完全に初めての場合は、まず用語を習得するところから始めてみてください。指値注文・逆指値注文・移動平均線・トレーリングストップ…通常では聞きなれない単語がたくさんあります。

 

正直なところ、勉強したからと言ってそれが必ず報われるような世界ではありません。むしろ、ほとんどのFXの勉強は徒労に終わる可能性の方が高いです。しかし、知識の積み重ねができないわけではないので、いろいろトライ&エラーを繰り返していくうちに何かしらの曙光が見えるかもしれません。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

FX業界の人種マップとその特徴

FX業界にはさまざまな人種というか役割の人たちがいます。職人気質の開発系の人から、ちょっと詐欺師っぽ

記事を読む

国内FXではなく海外FXを使う理由とデメリット[Q&A形式]

FXは投資金額が株や先物よりも小さいので、気軽に始めることができますが、お金はお金なので気を付けなけ

記事を読む

no image

多くのFXトレーダーがたどる道(FXあるある)

いろいろな理由から副業を始めてみようと思う 昨今は基本給が少なかったり、ブラック企業が多くて自由に

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。(商材販売は今も昔も一切していません。)

    ツイッター
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ