*

[MT5]インジケーターダウンロード一覧(ピックアップ)

MT5インジケーター

MT4のインジケーターはそれはもう腐るほど世の中に出回っているのですが、MT5のインジケーターは意外と表面的には少なかったりします。

 

MT4インジケーターとMT5インジケーターには互換性がないので、それぞれ別で開発をしなければならないことがそもそもの根本の原因ではある訳ですが、MT4にはできなかった手法をMT5でとることができたりもします。

 

現在、EAを持て余したプログラマによる EA/インジケーター無料使い放題企画をしています。EA/インジケーターのパスコードは企画参加者に配布しています。詳しくはこちら (稼働させるにはPassCodeが必要です。)

 

サポート/レジスタンス強弱インジケーター

ジグザグをベースにサポートアンドレジスタンスに強弱をつけて表示します。赤丸が売りで、青丸が買いです。点よりも丸の方が強いですが、シグナルが遅れることがあるので、「両端はくれてやれ」くらいの気概でないとうまくいきません。

 

また、この手のサポート&レジスタンスは「過去ロウソク足N本の最大最小」か「ジグザグ」をベースに作られているので、結局どれも似たような結果になります。そういう意味では、トレンドラインよりも多くの人が共通してみる可能性のあるテクニカル指標ではあります。

 

単一のシグナルではなく、”ダブルボトム”などの強い兆候と組み合わせて使うとより良いです。

サポート/レジスタンス強弱インジケーターダウンロード

 

天底インジケーター

天井と底を表示するインジケーターです。サポート/レジスタンスと言い換えても良いかもしれません。赤色の星で買い、黄色の星で売り。

 

例によってジグザグベースです。

天底インジケーターダウンロード

 

関数近似バンドインジケーター

近似と言えばプロットデータを直線に近似する最小二乗法なんかが最も有名ですが、直線ではなく曲線に近似したものがこれです。

しかし、そもそも為替レートが特定の関数で近似できるのか、さらには、近似できるとして変数が高々数個しかない多項式で近似できるのかという問題があるので、近似するべきは直近のロウソク足だけです。

関数近似バンドインジケーターダウンロード

 

矢印インジケーター

シンプルな矢印の買い売りシグナルのインジケーターです。ピンクの下向き矢印で売り、緑の上向き矢印で買い。

 

本来インジケーターはいろいろな指標を見つつ、総合的な判断を下す前の”材料”という位置づけなのですが、”楽して儲けたい”というライト層も一定数いる訳で、そういう人にとってはただ矢印を出すだけのシンプルなインジケーターが好まれます。

中で何が起こっているかはブラックボックスでも、「結局勝てればいい」という人間の怠惰さを表現した一品。

矢印インジケーターダウンロード

 

スペクトル分解インジケーターforMT5

理工系ホイホイ。価格レートをざっくりとした周波数ごとに分けてスペクトル分解するインジケーターです。MT4版ではちょっと重かったですが、MT5版はサクサクです。やっていることはMT4のときと変わりません。

ノイズ成分が大きい時にはトレードせず、フィルターとして機能させます。逆にノイズが小さいからと言ってトレンドが発生しているということにはなりません。(横ばいで綺麗なサインカーブを描いているという可能性がある。)

 

単体としては弱いですが、他のテクニカル指標とは出発点が異なるので、良いフィルターになります。

スペクトル分解インジケーターダウンロード

 

オシレーターと矢印インジケーター

オシレーター上に矢印でシグナルが表示されるMT5インジケーターです。黄色上向き矢印で買い、赤色下向き矢印で売りです。

オシレーターと矢印インジケーターダウンロード

 

平均足インジケーター

海外ではHeikin Ashiとして広く知られているのに、発祥の日本ではまったく使われていないという代物。誰も指摘しないからHeikan Ashiとか、Heiken Ashiとか独り歩きしています。

「そもそもロウソク足が一般的になっているけど、そこが根本的に正しいの?」という疑問を一度でも思った勉強熱心な方はぜひ使ってください。

基本的にロウソク足よりものっぺりしたチャートになります。(極端なひげなどが消える)

平均足インジケーターダウンロード

 

ピボットポイント

ピボットポイントインジケーターダウンロード

 

マーケットプロファイル/クソポジチェッカー

どの価格帯でどれくらいの取引があったかを可視化したものです。相場参加者の心理を推し量るのに使われます。

 

マーケットプロファイルインジケーターダウンロード

 

通貨相関/通貨強度インジケーター(FX)

為替/FXの通貨強度インジケーターのMT5版です。お金がどこからどこに流れたのかが分かります。単一の為替チャートでは見えてこないデータを可視化することができます。

一番下の通貨で買い、一番上の通貨で売り。(逆張り)

ただし、どこを起点にするかによって結果が変わってしまうので、何かのイベントなどがあったタイミングを起点にすると良いと思います。(パラメータ設定でN本前を起点に設定できます。)

MT5インジケーターダウンロード

 

 

通貨相関/通貨強度インジケーター(仮想通貨版)

仮想通貨界隈でどの仮想通貨からどの仮想通貨に資金が流れたのかが分かります。対応通貨は、BTC, XRP, LTC, BCH, ETH, DSH, USDです。当たり前ですが、MT5業者がそれぞれの仮想通貨チャートに対応していないと利用できません。

 

MT5通貨強度インジケーターダウンロード

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

[MT4]インジケーター無料ダウンロード一覧

スペクトル分解インジケーター スペクトル分解というのは、知っている人からすると「いまさら~」って感

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。(商材販売は今も昔も一切していません。)

    ツイッター
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ