*

チャート上にシダの葉を出力する(理工系あるある)

Originally posted 2019-03-20 18:23:58.

今回のフラクタルはインジケーターとしてのフラクタルではなく、理工系で使われるフラクタルの話です。

 

トレードの世界のフラクタルしか知らない人にとっては、フラクタルがそもそも何なのかというところから入るべきですが、要するに自己相似形のことを指します。図で見るとわかりやすいです。

fxantenna.com img

リアス式海岸とか、カリフラワーとかシダの葉っぱとかそういうやつです。

相場もフラクタルなところがあって、どの時間枠で見ても同じような形になることがあります。

 

話は変わりますが、筆者が大学に入りたてのときにコンピュータサイエンスの授業がありました。

講義が始まるまでは、てっきりパソコンの基本的な使い方から入るような ”下のレベルの人に合わせた内容”かな、と予想していたのですが、

初日の課題が「じゃあ、TeXでアフィン変換を使ってフラクタルの例としてシダの葉っぱを出力してください」というものでした。

 

当時はできなかったんですよね、これが。友達に手伝ってもらって何とか提出しました。そもそもTeXを触ったことがなかったんですよね。

 

という訳で、今回はたまたまシダの葉っぱを出力するというコラムを見つけたので、乗っかってみようと思います。

 

最終結果は下記のような感じです。

fxantenna.com img

こちらのmqhファイルのインクルードが必要です。

 

だから何だと言われると、別にこれ以上のことはありません。

これでチャートのフラクタルの分析ができる訳でもなければ、カオスの判定ができる訳でもありません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ティック更新のズレにはFXシステムの穴がある 合成通貨アービトラージ

合成通貨アービトラージとは FXは通貨ペアなので、その組み合わせは無数にあります。 例えば、ドル

記事を読む

[MT4]EA単体でFX業者間アービトラージ ~為替システムの穴~

より高速になったアービトラージEA 業者間アービトラージが話題になった時代が数年前にありましたが、

記事を読む

[MT4EA]完全無敗 勝率100%のバックテストを生成するEA[ソースコードあり]

今回はバックテストで完璧な成績を出すEAを作成しました。 意味は...ありません。ただの道楽です。

記事を読む

(MQL4プログラマのための)先に知っておくと時間を節約できるMQL4の仕様

ほとんどの人には関係ない記事だと思います。 開発者の方が検索してたまたま見てもらうような覚書です。

記事を読む

no image

利用可能なトレード系APIまとめ

今まで当たり前のようにMT4/MT5で開発をしてきましたが、そういえばAPIを使った取引も可能だよね

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ