*

[MQL4]EAの稼働が終了しても、データを記録しておく方法

公開日: : 中級者EA開発

Originally posted 2016-03-27 13:48:58.

(注:ディープラーニング関連の話ではありません。)

MT4のEA、インジケーターは、基本的にバックテストが終わるとテスト中に起こったことを記録しておくことはできません。

例えば、テスト中に、EAに勝率やパターン分析や、高値安値などの情報を記録していたとしても、そのテストが終了するとリセットされてしまいます。

しかし、もしこれらのデータをテストが終わってもリセットされずに、
どこかに記録しておくことができたとしたら便利です。

 

 

これには、2通りの方法があります。

グローバル変数

1つはグローバル変数を使う方法です。MT4にはグローバル変数を保存する機能があります。このグローバル変数は、MT4自体に保存するので、

バックテストのEAのデータをライブのEAに引き継がせることなどができます。使い方も簡単で、一行で書き込み、読み込みができます。

デメリットとしては、
浮動小数点型のデータした保存できないことと
保存期間に期限があることです。

文字列や日付などは保存できません。
(数字に変換して、暗号化すれば可能ですが、ちょっと管理が面倒です。)

グローバル変数の使い方については、
https://www.mql5.com/en/articles/1210

 

ファイル関数

もう一つの方法は、「ファイル関数」を使ってファイルに保存する方法です。

記述は少し面倒ですが、テキストファイルに保存すれば、文字列、日付、少数などを超長期間保存することが可能です。

例えば、
データフォルダのファイルに、
EAをテストした相場の、トレンドパターンやボラティリティ、
そのときの戦略と、その解答を記録しておけば、

簡易的な学習型EAを作ることができます。

これを使って、実験的にロウソク足パターン学習EAを作ってみました。

[MT4EA]チャートパターンを分析,分類して、一番多いパターンが来たらトレードする

ロウソク足を数種類にカテゴライズし、その推移パターンをデータフォルダのファイル記録します。

その推移パターンの中で、最も発生しやすいパターンを抽出し、
そのパターンが出現したら、エントリーするというロジックです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ティック更新のズレにはFXシステムの穴がある 合成通貨アービトラージ

合成通貨アービトラージとは FXは通貨ペアなので、その組み合わせは無数にあります。 例えば、ドル

記事を読む

最近の海外のEA開発の流行り:ロングとショートのパラメータ群を分ける

表題の通りですが、最近海外製のEAではロングとショートのパラメータを分けるのが流行っているようです。

記事を読む

[MQL]ティック更新よりも早い頻度で演算させる方法 と ちょっとした注意事項

MT4のEAは基本的にティックレートを受信する度に一回演算する仕組みになっています。 USDJPY

記事を読む

スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア[RDP以外で]

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが、スマホから外出先でチェック、

記事を読む

2chの市況版のスレをテキストマイニングして逆張りするやり方

よく「大衆の逆をいけば勝てる」みたいなことが相場の世界では言われますよね。 今回は2chの市況版の

記事を読む

 
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。
  • fxfx.work

    (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

Translate »
ページトップへ