*

ダイバージェンスのインジケーターって見かけないよね(MACDダイバージェンスforMT4)

 

ということで今回はダイバージェンスのインジケーターです。

ダイバージェンスっていうのは、メインチャートとテクニカル指標(オシレーター系)の挙動が逆になる現象を言います。

シグナルとしてはどのオシレーター系テクニカル指標にもありますが、その判断アルゴリズムの分かりにくさからあまりインジケーターとしては見ないような気がします。

言葉で説明するより画像で説明した方が早いでしょう。

こんなやつです。メインチャートは下降しているのに、サブチャートのインジケーターは上昇しているとか、

メインチャートは上昇しているのに、サブチャートでは下降しているとか、の状態です。

ただ、トレンドラインと同じで、明らかに”ダイバージェンス”と言える局面もあれば、人によって解釈が変わるような局面も多いのが特徴です。

だから、EAとしてロジックに入れたいのはやまやまですが、インジケーターとして活用した方が良いシグナルであるとも思います。

こいつはMACDのダイバージェンス表示インジケーターです。

サブウィンドウ上に生成する矢印はちょっと小さくて見づらいですが…

インジケーターダウンロード

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ストキャスティクスのダイバージェンスのインジケーター

一応、このページにダイレクトに来た方のために説明すると、ダイバージェンスっていうのは下記の画像のよう

記事を読む

MT4チャート上でテトリス ~暇を持て余した技術者のあそび~

見ての通り、チャート上のテトリスです。 「なんのため~~」って感じですね。完全に技術の無駄遣い

記事を読む

通貨強度、一度テクニカル指標を通せば起点の問題がなくなる説(MT4インジケータ)

通貨強度、がそもそも何なのかというところから話をすると、複数の通貨ペアのお金の流れを通貨ごとに可視化

記事を読む

商材によく使われるインジケーター(番号付きサイン)

解像度が滅茶苦茶高い特殊なディスプレイを使っているので番号が見づらいですが、普通のPCならもっと

記事を読む

Volume(出来高)って本来軽視すべきではないよねっていうインジケーター ~ビットコインにクソポジチェッカー~

Volume=Tick=出来高っていうのはFXの場合、語弊があって、株で言う場合の出来高とはちょっと

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を) 4000文字未満のトピックや話題はツイッターで発信しています。

Translate »
ページトップへ