*

[EasyLanguage]リペイントとは(トレードステーション)

Originally posted 2017-10-08 11:43:10.

MetaTraderではインジケーターのEA化をすることがよくありますが、
その際にリペイントがあると比較的問題になります。

リペイントとは一度シグナルを出した後に、そのシグナルを修正したり、消したりすることです。

これをされると、シグナルに応じてエントリーしたのに、
あとでチャートを確認するとシグナルが消滅していてクレームになることがあります。

リペイントをすると過去チャートのチャート分析のときには
そのシグナルがすごい優秀に見えますが、結局は”後だしジャンケン”なので、
何の役にも立ちません。

TradeStationの場合もリペイントがあります。

 

こいつが戦犯です。

これの恩恵で一度表示したシグナルを消すことができます。
カッコ内の番号はプロットの番号です。ロウソク足の場所の番号ではありません。

ただし、この関数は現在足にしか効かないので、
過去にさかのぼって消すことはできません。

つまり、TradeStationの場合、現在足でのみリペイントが発生する可能性があり、
それだけ警戒すればOKです。

サンプル

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールなどでお願いします。

関連記事

初心者のためのEasyLanguage入門(トレードステーション)

これからトレードステーションのストラテジを開発するためにEasyLanguageをやってみようという

記事を読む

株の自動売買をする4つの方法と選択肢

FXの世界ではMT4のおかげもあり、個人レベルでも自動売買やシステムトレードが盛んにおこなわれていま

記事を読む

トレードステーションの使い方(初心者)

トレードステーションのチャートの表示方法 TradeStationはMetaTraderほど有名で

記事を読む

[EasyLanguage]TicksとVolumeの違い(トレードステーション)

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Volume

記事を読む

[EasyLanguage]複数銘柄を自動監視するやり方(トレードステーション)

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

 
  • (↑広告です。このサイトの管理者の運営ではありません)

     


  • 横瀬兼元(ペンネーム)です。

    プロフィール
    商材を買わせようとする偽者がいるらしいのでご注意ください。
    ツイッター始めました(イマサラー)
    https://twitter.com/FxantennaC
    (埋め込みするとページ表示が極端に遅くなるので、リンクでご容赦を)

Translate »
ページトップへ