*

「 自動売買 」 一覧

BinanceとPoloniexのBTCアービトラージシステム 取引結果

システムはできたので実際に稼働させてみました。 レート差(bid-ask)10USD以上でアービトラージ で、ビットコイン対USDです。 日本の取引所でアービトラージすると、レートの上下関係が

続きを見る

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る4

順番が前後しましたが今回は残高照会をやります。アービトラージをする上で必ずなければならないものではないので、残高照会をせずに構築する場合はスルーして結構です。 まず、Binanceです。 Ge

続きを見る

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る3

Binanceのオーダーができるようになったので、一応PoloniexのAPIによるオーダーもおさらいしておきます。 今回のシステムは現物のみなので、(Binanceが現物しかできないので)、 ・

続きを見る

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る2

BinanceのプライベートAPIにちょっと他の取引所とは違うクセがあったので、今回はそれを紹介します。 APIドキュメント https://github.com/binance-exchan

続きを見る

【自動売買成績】+94410円 2017年11月 月間成績

 2017.10.27 05:11:09 nzdusd 0.68208 buy  2017.11.01 06:50:41 0.6908 61040  2017.11.09 10:12:03 nzdu

続きを見る

ビットコインスキャルピングの自動売買システムの作り方

「アービトラージあるからいいじゃん」ってずっと思ってたのですが、(今でも思ってる)スキャルピングに関する問い合わせが止まらないので、一応作り方を解説します。(PHP) この記事にピンポイントで飛

続きを見る

仮想通貨APIでコピートレード配信システムを作る

仮想通貨、暗号通貨の流行りって基本的にFXと同じ道をたどるので、 今後予想される流行の一つにコピートレードがあるんじゃないかと思います。 (日本ではコピートレードあんまりメジャーにならなかった

続きを見る

仮想通貨取引所のアクセス拒否との死闘と解決策

これまで取引所とさまざまな悪戦苦闘を繰り広げてきましたが、 良いアイディアが思いついたので、一回まとめたいと思います。 【これまでの経緯】 取引所にAPIのアクセス拒否される ↓ プロキ

続きを見る

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート上でEAを別々に稼働させられるので、 とらえ方によってはマルチタスクが可能です。 背景として

続きを見る

MT4でビットコインの自動売買と過去検証

ビットコインチャートを表示できるMT4業者が増えてきたということですが、 現物でアービトラージをするならいざ知らず、 テクニカルインジケーターベースのシステムトレードをするならやっぱりMT4に分(

続きを見る

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重かったりします。 そこで今回はちょっと指向を変えたアービトラージを行います。 アービトラー

続きを見る

トレード専用サーバーが普通のサーバーと違うところ

よく「トレード専用のサーバーがどうたらこうたら~」と言いますが、 具体的に何が違うのかをはっきり知っている人は少ないです。 「早いんだからそれでいいじゃん」という方にとっては まったくその通

続きを見る

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、 その中でもスピードは要です。 トレード専用というからには99.9%の稼働率は当たり前で、 次にスピードが決定打になります。

続きを見る

仮想通貨取引所APIにプロキシを使うとき

以前、取引所APIのアクセス回数上限を突破するためにプロキシをご紹介したのですが、 それに関して「具体的にどうやってプロキシリストをとるの?」という質問をいただきました。 プロキシリストの取得

続きを見る

仮想通貨取引所のサーバーの場所(自動売買の最適なロケーションは?)

FXの世界ではそれぞれのブローカーのサーバーがどこにあるかを調べて、 それに対して最も近いデータセンターにサーバーを構えて自動売買をするというのが正攻法ですが、 仮想通貨ではまだまだVPSなど

続きを見る

バイナリーオプションの自動売買開発⑤

これまでの内容で ・MT4からシグナルをファイルに飛ばす ・ファイルからシグナルデータを読み込む ・マクロでバイナリーサイトでボタンを押す ができたので、もう大枠はこれで完成です。 基本

続きを見る

バイナリーオプションの自動売買開発④

今回はバイナリーオプションのウェブサイトを操作するため、 ウェブサイトのトレード画面の分析を行います。 業者はハイローオーストラリアです。 ターゲットはHIGHボタン,LOWボタン,今すぐ購

続きを見る

バイナリーオプションの自動売買開発③

前回はMT4からファイルにトレードデータを出力するところまでやったので、 今回はファイルをマクロで読み取るところまでやります。 マクロはCOMが使えれば何でもいいですが、いつも通りUWSCで行

続きを見る

バイナリーオプションの自動売買開発②

前回は大まかな概要を説明したので、 今回はさっそく作っていきます。 とりあえず、RSIのラインクロスのシグナルで行きましょう。 ファイル関数はWEB関数と違がって、インジ

続きを見る

バイナリーオプションの自動売買開発①

今回はバイナリーオプションの自動売買をします。 一部の業者ではMT4にプラグインを入れることで従来のEAのように自動売買できるところもあるようですが、 業者依存で汎用性がないので、今回はそれ以

続きを見る

【自動売買成績】+131160円 2017年10月 月間成績

 2017.10.02 10:30:54 buy eurusd 1.17456  2017.10.02 11:52:28 1.17513 3420  2017.10.02 12:56:32 buy

続きを見る

MT4のメールを複数アドレスに送るには

MT4が出すメールを複数のアドレスに送信したいときがあります。 ほとんどは"シグナルのメール通知サービスでしょうが、 意外とMT4単体では困難です。 というのも、MT4のメール設定はEA

続きを見る

EA化できないインジケーターをむりやりEA化する方法

意外と知られていないようなので、ちょっとした小ネタです。 世の中にはいろいろなインジケーターがあるわけですが、 その中にもEA化できるインジケーターとEA化できないインジケーターがあります。

続きを見る

購入したEAは基本的には編集・改造できません

タイトルですべて終わっているのですが、 こういった問い合わせが多いので一応記事にします。 FXONやMQL5で購入した自動売買ソフトEAは、基本的にex4もしくはex5というファイル形式ですが

続きを見る

【ビットコイン】板情報で自動売買

面倒臭がって今まで見て見ぬふりをしてきたのですが、 APIで板情報が取れるんですよね。 最近ネタもなくなってきたので、今回は板情報を使った自動売買をします。 とりあえず、渦中のbitFlye

続きを見る

bitFlyerx信用取引x成行注文での取引所のバグ

前々から気になっていたのですが、 bitFlyerは信用取引時に変な挙動をすることが多々ありました。 今回はその挙動を掘り下げてみました。 症状が発生するのは、 APIを使って、信用取

続きを見る

ビットコインアービトラージがなぜ深夜にばかり動くのか

今も細々とビットコインのアービトラージを自動で動かしているのですが、 どうやら深夜帯に動くことが多いように感じます。 以前まではビットコインの流通量は中国が一位でしたが、 現在は日本が圧倒的

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発19 ポジション関数

今回は、保有しているポジションの処理をする関数を見ていきます。 アルファベット順にソートされた口座ポジションのリストにおけるポジション位置番号に関連付けられた銘柄を特定します。こ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがあると結構問題になります。 リペイントとは一度シグナルを出した後に、そのシグナルを修正したり、消し

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱いで、Mail関数があるわけではありません。 アラートのプロパティから設定できます。 コード上

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で設定します。 しかし、MQLのようにソースコード上での指定も可能です。 ソースコ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラマでよくあるシーンですが、FXやスイングの場合あまりそういうことをするメリットはありません。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発14 ファイル関数

TradeStationにもファイル関数は一応ありますが、 あまり使い勝手は良くないみたいです。 Print ステートメントから指定したファイルに情報を送信できます。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発13 オーダーの文法

EasyLanguageにはオーダーが4種類あります。 Buy: 新規買い。ポジションを保持していない場合、新規で買いポジションを建 てます。売りポジションを保持している場合、ドテンして買いポ

続きを見る

ビットコインアービトラージ 信用取引ver 取引履歴

信用取引アービトラージは現物取引よりいろいろカオスです。 まず、基本的にbitFlyerの信用取引レートが他よりも数千円高いので、その状態が続きやすい傾向にあります。 下の取引履歴は、 エン

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Volume アップティックで取引された出来高 Ticks 合計出来高 UpTicks アップティ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発11 時系列系予約語

自動売買ソフトを開発する上で重要なものとして、 時系列系の予約語の把握があります。 今回はその予約語を紹介します。 使用しているコンピュータの時間に対応する EasyLang

続きを見る

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が、 機関投資家がアルゴで見せ板をしてもお咎めなし」 という謎ルールがあります。 見せ板

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発10 メソッド

EasyLanguageでは、一応メソッドが使えます。 メソッドとは、かんたんに言うと関数みたいなものです。 (厳密には微妙に違う) メソッドに関しては特にクセはなく、

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発9 配列、多次元配列

「for文が使えるということはすなはち、配列が使えるということ。」 この二つは切っても切り離せない関係だと思います。 ちなみにwhile文、switch文、try文も使えるみたいです。 (t

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほど、例外や省略ばかりで、 「先に例文を覚えた方が早いんじゃないか」と思うことがあります。 と

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発7 パーフェクトオーダーを作る

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで結構なインジケータとストラテジーが内蔵されているため、 デフォルトで搭載されていないテクニカルを探す方が大変だったりし

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発6 スクリーニング/マルチチャート

今回はまたまた操作方法で、プログラミングは扱いません。 銘柄のスクリーニングとマルチチャートの仕方を紹介します。 株の場合銘柄選びが重要なファクターになってくるので、 スクリーニング作業は必

続きを見る

TradeStationでFXをやるとティックチャートとレンコン足が使える

FXをやるなら、専門特化したMetaTraderが総合点では圧倒的に高いと思います。 しかし、部分的な点に焦点を当てればTradeStationにも良いところがあります。 今回はTradeSt

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発5 最適化

前回はストラテジーのソースコードを見たので、今回は最適化の操作を行います。 MetaTraderの最適化とノリは全く同じです。 「最適化って何?」という人のためにかんたんに説明すると、 例え

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発4 ストラテジーのコード

今回は前回の最後にテストした移動平均線のクロスのストラテジーの プログラミングを見ていきたいと思います。 思っていたより短いですね。 これがすべてのソースコードです。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeStationの「挿入」から「ストラテジーを挿入」を選択します。 デフォルトでたくさんのスト

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。 TradeStationの「表示」から「EasyLanguage開発環境」を選択すると、 下記のようなウィンドウが開きます。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出ていなかったりします。 ("TradeStation"検索結果:1,390,000  "MetaTr

続きを見る

【自動売買成績】+46865円 2017年9月 月間成績

2017.09.29 15:54:08 buy usdjpy 112.248 2017.09.29 15:58:22 112.279 276 2017.09.28 16:39:55 sell eur

続きを見る

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑