*

MT4 build1010 バージョン情報

公開日: : 速報 , , , , , ,

新しいメタトレーダー4ビルド1010:

メタトレーダー4プラットフォームは、
新しいバージョンとして次のように変更しています
8月18日(木曜日)2016年にリリース。

ターミナル:1607を構築し、
32ビットのWindows 10で実行されている端末でMQL4アプリケーションの実行を防止し、エラーを修正しました。

ターミナル:検索の時折誤った表示を修正。

ターミナル:デモ口座を開くときに端末に配信固定時​​折重複歓迎-メール。

MQL4:オブジェクトの抽象コレクションを作成するには、ユーザーを有効にするために追加された新しい「無効* ‘ポインタ。任意のクラスのオブジェクトへのポインタは、変数のこのタイプに保存することができます。バックキャストするために、オペレータはdynamic_cast <クラス名*>(void *型のポインタ)を使用することをお勧めします。変換ができない場合、結果はNULLです。
class CFoo { };
class CBar { };
//+——————————————————————+
//| Script program start function |
//+——————————————————————+
void OnStart()
{
void *vptr[2];
vptr[0]=new CFoo();
vptr[1]=new CBar();
//—
for(int i=0;i(vptr[i])!=NULL)
Print(“CFoo * object at index “,i);
if(dynamic_cast(vptr[i])!=NULL)
Print(“CBar * object at index “,i);
}
CFoo *fptr=vptr[1]; // Will return an error while casting pointers, vptr[1] is not an object of CFoo
}
//+——————————————————————+

MQL4:[]文字列のオペレータのサポートが追加されました。オペレータは、インデックスによって文字列からシンボルを取得することができます。指定されたインデックスが文字列の外にある場合、結果は0です。
文字列のテキストは= “こんにちは” ;
USHORTの SYMB =テキストは、[ 0 ]; //記号’H’のコードを返します。

MQL4:速くなってきているコピー履歴やデータをチェックCopyXXX機能。

MQL4:使用して、指定された接頭辞を持つ複数の図形オブジェクトの固定削除ObjectDeleteAll機能を。更新する前に、残りのオブジェクトは、この関数の実行後に誤った順序で表示することができます。

MQL4:固定グラフィカルオブジェクトの時折の順番が間違っていると、時間枠を変更した後に表示されます。
ホスティング:仮想サーバと端末の同期時には、エキスパートアドバイザーのないチャートは、カスタム指標はこれらのチャート上で動作している場合でも、無視されるようになりました。カスタムインジケータを移行する必要がある場合は、操作を実行していない “空”エキスパートアドバイザーのチャート上で実行します。このようなエキスパートアドバイザーは、簡単に “:テンプレートエキスパートアドバイザー」を選択することで、MetaEditorで

MQL4ウィザードを使用して生成することができます。このアップデートでは、指標が意図的に移行されることを保証することです。
ホスティング:あなたは今、名前がラテン文字以外(例えばキリル文字や漢字)を含有するエキスパートアドバイザーとカスタムインジケータを同期させることができます。
クラッシュログで報告されたエラーを修正。

MetaTrader 4 platform update is to be released on Thursday, August 18, 2016. The new version features the following changes:

Terminal: Fixed an error which prevented execution of MQL4 applications in terminals running in 32-bit Windows 10, build 1607.
Terminal: Fixed occasional incorrect display of the Search and Chat buttons.
Terminal: Fixed occasional duplicate welcome-emails delivered to the terminal when opening a demo account.
MQL4: Added new ‘void *’ pointers to enable users to create abstract collections of objects. A pointer to an object of any class can be saved to this type of variable. It is recommended to use the operator dynamic_cast(void * pointer) in order to cast back. If conversion is not possible, the result is NULL.
class CFoo { };
class CBar { };
//+——————————————————————+
//| Script program start function |
//+——————————————————————+
void OnStart()
{
void *vptr[2];
vptr[0]=new CFoo();
vptr[1]=new CBar();
//—
for(int i=0;i(vptr[i])!=NULL)
Print(“CFoo * object at index “,i);
if(dynamic_cast(vptr[i])!=NULL)
Print(“CBar * object at index “,i);
}
CFoo *fptr=vptr[1]; // Will return an error while casting pointers, vptr[1] is not an object of CFoo
}
//+——————————————————————+
MQL4: Added support for the operator [ ] for strings. The operator enables users to get a symbol from a string by index. If the specified index is outside the string, the result is 0.
string text=”Hello”;
ushort symb=text[0]; // Will return the code of symbol ‘H’
MQL4: The CopyXXX function that copies history and tick data has become faster.
MQL4: Fixed deletion of multiple graphical objects with the specified prefix using the ObjectDeleteAll function. Before the update, the remaining objects could be displayed in a wrong order after the execution of this function.
MQL4: Fixed occasional incorrect order of graphical objects display after changing the timeframe.
Hosting: During terminal synchronization with the virtual server, charts without Expert Advisors are ignored now, even if custom indicators are running on these charts. If you need to migrate a custom indicator, run it on the chart of an “empty” Expert Advisor that does not perform operations. Such an Expert Advisor can be easily generated using the MQL4 Wizard in MetaEditor by selecting “Expert Advisor: template”. This update is to ensure that indicators are migrated on purpose.
Hosting: You can now synchronize Expert Advisors and custom indicators whose names contain non-Latin characters (e.g. Cyrillic or Chinese characters).
Fixed errors reported in crash logs.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ネッテラーの次は?

2016年の9月より、 FX会社の入出金手段の一つであったネッテラーが使えなくなりました。

記事を読む

FXのファンド MAM PAMM

FX会社には、ファンドを運営している会社があります。 FX会社によって、呼び名、定義は異なりま

記事を読む

リクイディティプロバイダって?

FX業者が注文を流すところ、それがリクイディティプロバイダーです。 日本語の直訳で、「流動性の

記事を読む

cTraderとjForexとMT4

FXのプラットフォームと言えば、MT4が一強ですが、 マイナー向けのプラットフォームもわずかながら

記事を読む

FXBESTの話

みなさんは、FXBESTという業者をご存知でしょうか。 月利6%で、後出しじゃんけんエントリー

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑