*

MT4 build840バージョン情報

公開日: : 速報 , , , , , ,

主な変更点

日本語の全角入力を含むパスに対応しました
ObjectsDeleteAll関数が変更されました

変更点

メタトレーダー4のプラットフォームの更新は6月12日(金曜日)、更新は以下の変更を特色にする2015年にリリースされます。

ターミナル:128シンボルにグラフィカルオブジェクトのカスタムツールチップの最大サイズを増加しました。ツールチップは、OBJPROP_TOOLTIPプロパティを使用して設定されています。

ターミナル:レイプロパティが有効になっているチャネルのグラフィックオブジェクトの表示を修正 – 右に無限のチャネル継続。
マーケット:製品を購入する際にログを強化。これは、ユーザーの問題を扱う場合の解決策を探して容易になります。
市場:固定製品の家賃更新エラー。
MQL4:非ラテン文字(例えば、中国語や日本語)文字がパス名に使用されている修正されたMQL4アプリケーションダウンロード。
MQL4:MQL4アプリケーション環境のプロパティを管理するためのMQLSetInteger機能を追加しました。ENUM_MQL_INFO_INTEGER列挙にMQL_CODEPAGEプロパティが追加されました。この性質を利用して、立ち上げMQL4プログラムにおける現在のコードページがMQLSetInteger機能を介して使用されます。 コードページデフォルトでは、そのアプリケーションで使用されているMQL4アプリケーションをコンパイルする際に適用しました。コンパイルと、プログラムの起動時の動作·システムのロケールの間に不一致がある場合、メッセージを表示し、文字列値を受け取るに問題がある可能性があります。これは、ファイル名、グラフィカルオブジェクト、グローバル変数などをパラメータとして使用されている印刷、PrintFormat、コメント、警告、メッセージボックス、SendFTPと、sendmail、SendNotificationに関する、iCustomおよびその他の機能に適用されます。 新しい機能とプロパティは、この問題を解決します。

MQL4:ObjectsDeleteAll機能の別のフォームを追加しました:
int型 ObjectsDeleteAll(
int型 chart_id、 //チャートID
のconst 文字列の 接頭辞、 //プレフィックス
int型 sub_window = EMPTY、 //チャートサブウィンドウのIDの
int型 OBJECT_TYPE = EMPTY //オブジェクト型
);
この関数は、指定されたチャートやそのサブウィンドウから指定されたタイプのすべてのグラフィカルオブジェクトを削除します。特別な機能は削除されたオブジェクトの名前に接頭辞を設定する機能です。たとえば、「myobj_」から始まる名前を持つオブジェクトのみを削除することができます。

MQL4:ホーム使用してキーとEndキーときCHARTEVENT_CHART_CHANGEイベントの生成を追加しました。以前は、このイベントは、適切なダイアログを介して、チャートのサイズとプロパティを変更した場合にのみ生成されました。
MQL4は:固定CHARTEVENT_OBJECT_CREATEのコピーによってグラフィックオブジェクトを作成するときにイベントの生成を。コピーは、Ctrlキーを押しながらオブジェクトをドラッグすることにより行われます。
MQL4:視覚テスト中ChartIDに関数によって返された値を修正しました。
MQL4:楕円グラフィカルオブジェクトのOBJPROP_SCALEプロパティを受け修正しました。このプロパティは、オブジェクトのスケールを受信するために設計されています。
MQL4:ArrayFill機能入力パラメータをチェックし修正しました。関数は、指定された値を持つ数値配列を埋めます。
MQL4:標準ライブラリのCArrayChar、CArrayShort、CArrayInt、CArrayFloatとCArrayLongクラスにArrayMaximumとArrayMinimumメソッドが追加されました。これらのメソッドを使用すると、各配列内の最大値と最小値を検索することができます。
MQL4:標準ライブラリのCArrayChar、CArrayShort、CArrayInt、CArrayLong、CArrayFloat、CArrayDoubleとCArrayStringクラスでSearchGreatOrEqualとSearchLessOrEqual方法を修正しました。メソッドは、指定した1以上で/以下の要素の配列を検索することができます。
MQL4:標準ライブラリのCArrayCharクラスのエラーを修正。クイックソート、クイックサーチ、SearchGreatと不可解な方法を修正しました。
クラッシュログで報告されたエラーを修正。

https://www.mql5.com/en/forum/59944 より

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

no image

EA トレード結果

FXの自動売買ソフト(EA)でトレードを行っています。 このサイト上でトレードがあったときは結

記事を読む

金融庁がHSBCに圧力?

(噂の範囲です) 2016年9月にオンラインカジノで利用されていたネッテラーを 日本人が使う

記事を読む

MT4バージョン情報build765

変更点の抜粋 ホスティング:ホストされている端末のビルド、ホストしているサーバーの

記事を読む

海外FX業者が追証を請求してきたら?

スイスフランショックでいくつかのFX会社が破たんしました。 その際に、追証(ゼロカット)の問題

記事を読む

チャートのスプレッドよりも実際のスプレッドが大きい…

トレードでは基本的にスプレッドが手数料として上乗せされています。通常であればBid=Close(終値

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑