*

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

公開日: : HOME, VPS ,

■■SSLで接続できるようにする■■

昨今ではいろいろな理由からSSLが求められています。問い合わせフォームや個人情報を含む送信をする場合は当たり前ですが、Google検索でもSSLでないサイトは検索順位が下がるようになったらしいです。

Certificate ManagerでSSL証明書を発行

「Request Certificate」を選択

「sample.com」と「Add another name to this certificate」で「*.sample.com」を入力。

Select validation method で「DNS validation」を選択

すると「お前、ほんとにこのドメインの所有者か? 証明してしてみぃ」って画面がでるので、Route53でこれらのレコードを追加します。

上のデータをRoute53の下の画面で入力する。

ELB(Elastic Load Balancing)で証明書の設置とインスタンスへ接続

EC2のメニューからLoad Balancersを選択
「Create Load Balancer」を選択
「HTTP HTTPS」を選択
Name:適当な名前、 Scheme:Internet-facing、 IP-address-type:ipv4 を選択
Listenerでは「HTTP」の80番ポートと「Add listener」で「HTTPS」の443番ポートを選択
アベイラビリティーゾーンは、ロードバランサーと自分のサーバーを接続できるよう同じVPCに。

(上の画像はアベイラビリティゾーンが一部切れています。)

STEP2で、「Choose a certificate from ACM (recommended)」を選択し、Security Policyはデフォルトのまま。

「ルーティングの設定」へ。

ステップ4では、「New target group」を作成します。

名前を適当に入力し、プロトコルは「HTTP」を選択。(HTTPSは後で設定できます。)
ターゲットに「instance」を選択。ヘルスチェックはHTTP。

「Register Target」

ロードバランサーに接続するサーバー(インスタンス)を選択

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

MT4で株取引ができるFX業者

※現物ではなくCFDです IFCmarkets アメリカ株 FXnet

記事を読む

MT4でビットコインチャート!?

MT4はFXがメインですが、 業者によっては、 金、銀、石油、 日経225、ダウ、SP50

記事を読む

MT4で日経225

FXに限定しないと、 日経225でそこそこ儲けている人たちがいるようです。 最近のMT4ブロ

記事を読む

メタクオーツ、MT4やめるってよ。

正確には、 「メタクオーツ、(新規業者に対して)MT4(の提供を)やめるってよ。」 です。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

■メールサーバーの設置 ■AWSにメール用のポート開放の申請

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要で

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

■■SSLで接続できるようにする■■ 昨今ではいろいろな理由からSS

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動

→もっと見る

PAGE TOP ↑