*

経済指標csv変換システム

公開日: : FX自動売買開発

EA開発業者の比較という記事を書きましたが、ここで紹介している自動売買システム製作工房の人から「うちで新しいツール開発したからその記事書いてよ!」と連絡が来ました(ここの人とはちょっとした知り合いです)

話を聞くと、EAの製作代行ではできることに限界があるので最近は周辺ツールの開発に力を入れているそうです。

単なる紹介記事でOKとのことだったので推奨・批判はせず概要だけお伝えします。

経済指標csv変換システム
↑商品へのリンク


↑概要の説明動画

簡単にまとめると
・経済指標の日時データをcsvに落とせる(MT4のフォルダ以外でもOK)
・過去データと未来のデータが取得できる、なのでバックテストにも使える
・メジャー通貨だけでなくマイナー通貨のデータも格納している
みたいなツールです。


↑なぜ指標日時データなのか?を説明をしている動画

仕組みとしては、都度Webサイトをスクレイピングするのではなくて一旦サーバーにデータ格納しておいてそこから落とすようです。
似たようなツールだとForexFactory から取得している場合が多いですが、このツールはいろんな情報源を組み合わせています。

指標日時を取るためには自分でサイト巡回プログラムを書かないといけませんが、それをやらなくても良くなる感じですね。

ただし、csvデータで落ちるだけなのでそれをEAなりインジケータなりに読み込ませる部分は自分で作らないといけません。
「プログラムは書けるがスクレイピング部分は他人まかせにしたい」というニッチ層がターゲットになるので「うちのお客さんにはニーズがなかった、ぶっちゃけ顧客層を間違えた」そうです(笑)

↑操作画面はこんな感じです。

今後使える人を拡大するために
・指定の指標でEAを止める機能、動かす機能
・指標情報を利用した何かの販売
などを展開していく予定らしいです。

あと「新作もあるからそっちもついでに書いといてよ!」と頼まれたのでURLだけ貼っておきます。
SNS通貨強弱感知システム
Twitterのつぶやきを分析して通貨に関係する単語が出た回数をデータとして提供するとのこと。
これもなかなかユニークなツールですね。

今後の展開に期待したいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

メタエディタの準備 EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデ

記事を読む

no image

シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の検索結果に上がるころには結構時

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元(配信元)のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもま

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

■メールサーバーの設置 ■AWSにメール用のポート開放の申請

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要で

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

■■SSLで接続できるようにする■■ 昨今ではいろいろな理由からSS

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動

→もっと見る

PAGE TOP ↑