*

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

公開日: : HOME

■メールサーバーの設置

■AWSにメール用のポート開放の申請
https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/ec2-email-limit-rdns-request
にアクセスして、「メール送信させてくださ~い」って申請する。
Email Address*にAWSにログインするときのメールアドレス、
Use Case Descriptionに「Removal of Email sending limit.」と記入。(それ以外は空欄)

セキュリティグループで、SMTPとPOP3が開いていることを確認。

■Postfixのインストール

用途を聞かれるので、「設定なし」を選択。

設定ファイル 「main.cf」を/etc/postfix/ディレクトリにコピー

■postfixの設定を編集

メールエイリアスのデータベースを再構築

postfixを再起動

■送信テスト(mailコマンド)
mailコマンドのインストール

「Ctrl+D」で送信。

これでトレードシステムを稼働させるサーバとしての準備ができました。他にも用途に応じてオプションがありますが、ここまでできればそちらは適宜できると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4 build970 バージョン情報

https://www.mql5.com/en/forum/86985 より 新しいメタト

記事を読む

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要です。(pasv_address

記事を読む

ドル円の暴落をメールで知らせるサービス【ニーズ調査】

ドル円、ユーロドル...為替の暴落(暴騰)が発生した場合に、 メールで通知するサービスを考えていま

記事を読む

no image

【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般的なWEBサーバの構築がゴール

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

■メールサーバーの設置 ■AWSにメール用のポート開放の申請

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要で

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

■■SSLで接続できるようにする■■ 昨今ではいろいろな理由からSS

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動

→もっと見る

PAGE TOP ↑