*

シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

公開日: : FX自動売買開発

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の検索結果に上がるころには結構時間が経ってるんですよね。今日はまだ英語にすら翻訳されていないニューラルネットワークのEAを見つけたのでご紹介します。

先に言っておくと、EAのコードもインジケータも使い方もあります。ただし、あまりニューラルネットに過度に期待しすぎて「なんだ、こんなもんか~」と失望する可能性があることを先に心にとめておいた方がいいです。

記事:https://www.mql5.com/ru/code/22006
EA:https://www.mql5.com/ru/code/download/22006/neuronirvamanea_2.mq5
インジケータ:https://www.mql5.com/ru/code/download/22006/laguerre_plusdi.mq5
https://www.mql5.com/ru/code/download/22006/silvertrend_signal.mq5

2018/10/17時点で、まだ英語にすら翻訳されていません。作成者はVladimirです。(この人よく名前出てくるけど、マジで何者なんでしょう)

簡単に訳すと、
・このEAは前にあったNeuroNirvamanEAの改良版だよ。
・二分子ニューラルネットだよ。
・二つのインジケータを使うよ。
・使う前に三段階の最適化が必要だよ。
・最適化は全部 “1 分 OHLC ” モードで実行してね。
・一段階目では「SilverTrend#1」から「Stop Loss #1」までを最適化
・二段階目では「SilverTrend#2」から「Stop Loss #2」までを最適化
・三段階目では「Lagueree#3」から「x32」までを最適化
・上を全部やって初めて準備完了だよ

ということです。

1分足ということで直近の最適化しかできないので、利用する際には頻繁に最適化を行いながら使う必要があります。
興味があったら是非使ってみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとして

記事を読む

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウ

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る1

以前、DLLなしで動くコピートレードツールを連載しましたが、 今回はサーバを経由するコピートレード

記事を読む

MT4チャートでバイナリーオプション(笑)

注:この記事は、MT4のチャート上でバイナリーオプションのような操作パネルを表示させるための、 開

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

no image
最近の海外のEA開発の流行り:ロングとショートのパラメータ群を分ける

表題の通りですが、最近海外製のEAではロングとショートのパラメータを分

no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

→もっと見る

PAGE TOP ↑