*

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説していなかったのですが、今回はどのような枠組みで構築するかを少し説明したいと思います。

MQLで自動売買プログラムを作ったことがある人には説明不要ですが、基本的には上から順番に
・トレードに使う変数の数値の確認
・レート取得(パブリックAPI)
・最後のトレード時刻と現在時刻を比較
・取得したレートを比較
・条件を満たした場合オーダー(プライベートAPI)
・通知メール送信
という感じです。

必要に応じてアカウント残高を参照して、あと何回トレードできるかを調べたり、トレードの前にサーバー状態を確認するオプションを付けても良いと思います。

あとはこれを繰り返し呼び出してあげます。自動売買専用プログラムであるMQLの場合、繰り返しの呼び出しはStart(),OnTick()などの関数で行われるのですが、自前のプログラムの場合は何らかの方法で繰り返し実行させる必要があります。ここらへんについてはすでに過去の記事で説明済みなので、そちらを参照してください。

通知メールについてはPHPの場合、少し検索すればいくらでもテンプレがでてくるので、そちらをコピペして微修正してみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところで誤解があるようなので、アービ

記事を読む

【仮想通貨】現物取引のアービトラージと信用取引のアービトラージは全然別物です

今さら~ な感じもしますが、タイトルの通りです。 仮想通貨からトレードの世界に入ってきた方の中には

記事を読む

ローカルPCから取引所にアクセスして、仮想通貨APIの安定性と速度を上げる

これまで開発したビットコインの自動売買では、  ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サ

記事を読む

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る3 AJAXでリアルタイム表示させる

前回はbitFlyerのAPIから最新のチャットを取得するところまでやったので、 今回はそれをリア

記事を読む

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。 日本時間 bid(売値)

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑