*

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説していなかったのですが、今回はどのような枠組みで構築するかを少し説明したいと思います。

MQLで自動売買プログラムを作ったことがある人には説明不要ですが、基本的には上から順番に
・トレードに使う変数の数値の確認
・レート取得(パブリックAPI)
・最後のトレード時刻と現在時刻を比較
・取得したレートを比較
・条件を満たした場合オーダー(プライベートAPI)
・通知メール送信
という感じです。

必要に応じてアカウント残高を参照して、あと何回トレードできるかを調べたり、トレードの前にサーバー状態を確認するオプションを付けても良いと思います。

あとはこれを繰り返し呼び出してあげます。自動売買専用プログラムであるMQLの場合、繰り返しの呼び出しはStart(),OnTick()などの関数で行われるのですが、自前のプログラムの場合は何らかの方法で繰り返し実行させる必要があります。ここらへんについてはすでに過去の記事で説明済みなので、そちらを参照してください。

通知メールについてはPHPの場合、少し検索すればいくらでもテンプレがでてくるので、そちらをコピペして微修正してみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る5 音声読み上げに特化する

これまでの内容で ・取引所のチャット取得 ・音声読み上げAPIで音声ファイルを取得 ・AJAX

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る3

Binanceのオーダーができるようになったので、一応PoloniexのAPIによるオーダーもおさら

記事を読む

仮想通貨取引所APIにプロキシを使うとき

以前、取引所APIのアクセス回数上限を突破するためにプロキシをご紹介したのですが、 それに関して「

記事を読む

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引所はいくつかありますが、 ビ

記事を読む

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bitFlyer、POLONIEX

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑