*

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る4

順番が前後しましたが今回は残高照会をやります。アービトラージをする上で必ずなければならないものではないので、残高照会をせずに構築する場合はスルーして結構です。

まず、Binanceです。
GetでSHA256でパラメータにタイムスタンプが必要です。

Account information (USER_DATA)
GET /api/v3/account (HMAC SHA256)
Get current account information.

Weight: 5

Parameters:

Name Type Mandatory Description
recvWindow LONG NO
timestamp LONG YES
Response:

{
“makerCommission”: 15,
“takerCommission”: 15,
“buyerCommission”: 0,
“sellerCommission”: 0,
“canTrade”: true,
“canWithdraw”: true,
“canDeposit”: true,
“updateTime”: 123456789,
“balances”: [
{
“asset”: “BTC”,
“free”: “4723846.89208129”,
“locked”: “0.00000000”
},
{
“asset”: “LTC”,
“free”: “4763368.68006011”,
“locked”: “0.00000000”
}
]
}

例のように返ってくるjsonはbalancesの中に通貨ごとに入っているので、取り出す際はちょっと面倒です。BTCは常に先頭ですが、USDTの残高を紹介したい場合は、

こんな感じでfor文で回せばいいと思います。(もっと良い方法がありますが、こちらの方が汎用性が高いので)

Poloniexはスマホアプリを作った際にやったと思いますが、

こんな感じでとりだせます。

returnBalances
Returns all of your available balances. Sample output:

{“BTC”:”0.59098578″,”LTC”:”3.31117268″, … }

例のような戻り方をするので、binanceよりも取り出しが楽です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

Zaifに自動ログインする【UWSC】

Zaifのログインも基本的には一般的なログインと同じです。 ただし、IPアドレスか何か不明です

記事を読む

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にで

記事を読む

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところで誤解があるようなので、アービ

記事を読む

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る1 概要

取引所でデイトレードしているとチャットが目につくことがあります。 注視するほど内容は濃くはない

記事を読む

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る2 APIでチャット内容を取得

bitFlyerのチャットメソッドは https://lightning.bitflyer.jp/

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑