*

MT4のチャート上に複数の仮想通貨取引所のビットコインレートを表示する

先日、ブログを読んでいただいてる方からコードをいただいたので、ご紹介します。(OKをもらいました。)

中身はタイトルの通りなのですが、仮想通貨取引所のAPIにおけるレート取得のメソッドはpublicメソッドであるため、認証不要でレートを取得することができます。

簡単に言うと、取引所の特定のURLにアクセスすれば現在のビットコインレートが取得できるということです。MQLにはWebRequest関数があり、MT4/MT5でURLを許可していればWEBアクセスをすることができます。

bitFlyer,CoinChech,ZAIF,kraken,quoine,btcboxのレートを引っ張ります。
それぞれのURLは、

こんな感じです。

レートの取得はそれぞれの取引所によって仕様が異なるので、jsonを見つつ丁寧に分解しなければなりません。(ここら辺が自分でやろうとすると大変なんですよね。)

(これはコードの一部なので、全体像は後で見えてくると思います。)

bandicam 2017-12-15 09-34-43-765
実行結果

このコードはスクリプトなので、コンパイルした後はscriptフォルダに保存してください。ExpertAdviserやIndicatorとして実行しても表示されないと思います。

コード全体

(ところで、KrakenのWEBサイトにアクセスしようとすると頻繁にエラーになるのは私だけ?)

Comment

  1. Atsushi Yamanaka より:

    掲載ありがとうございました。
    私の稚拙なコードもこうやって見るとかっちょいいです。

    今Krakenのサイトにアクセスしたら私も1回はねられました。KrakenはAPIも弱いので、全体的にサーバが脆弱なのかもしれません。私は鞘取りの方はミスが多いので外しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

CoinCheckに自動ログインする【UWSC】

以前、仮想通貨暗号通貨の自動売買に関して書きましたが、 今回は実際にUWSCを使ってログインをして

記事を読む

使用言語と方向性 仮想通貨の自動売買開発①

公開:2017/6/21 仮想通貨の自動売買プログラムを書く前に、そもそもどうやってプログラム

記事を読む

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイム

記事を読む

ローカルPCから取引所にアクセスして、仮想通貨APIの安定性と速度を上げる

これまで開発したビットコインの自動売買では、  ローカルPC -> PHPサーバー -> 取引所サ

記事を読む

ビットコインアービトラージ取引履歴

2017年8月13日の取引履歴です。 コインチェックとZaifでアービトラージしています。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽物、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑