*

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る2 APIでチャット内容を取得

bitFlyerのチャットメソッドは
https://lightning.bitflyer.jp/docs?lang=ja#チャット
にドキュメントがあります。

メソッドはPublicなので、認証とかハッシュとかは必要ありません。

POLONIEXのヒストリーデータ取得メソッドのようにパラメータに時刻を指定することで、
それ以降のチャットを返します。

リクエスト

レスポンス

(publicでだれでも閲覧できる状態なのでプライバシーとかはもともとありません。)

いろいろ試してみて分かったのですが、このパラメータ指定には癖があります。

ドキュメントでは、

と書いてあるだけですが、

実は、この指定する時間に一致する発言がないと、うまくレスポンスが返ってこないことがあります。
(というかほぼ返ってきません。)

そのため、現在時刻をこのフォーマットに成形してパラメータで渡しても上手く表示されない結果になります。(日付だけだと上手くいく)

一回目のリクエストは仕方がないとして、2回目以降でも同じように大量にレスポンスが返ってくると処理が重くなるので、2回目以降はセッションに保存した時刻を使います。

またAPIを叩くときはfile_get_contentsを使うと汎用性がないので、
例によってCURLを使ってください。(file_get_contentsでは取得できないことがよくあります)

あとはこれをjsonデコードして連想配列に入れれば、チャットの内容だけを取得できます。
2chよりはるかに簡単ですね。

注意しなければならないのは配列の向きが時間軸と同じ方向になっているため、
最新のチャット内容を取得するには配列のサイズを取得する必要があります。

あとは、任意で10件程度ループして出力すれば出来上がりです。

bitFlyerのチャットには建玉情報を流す機能がありますが、他人の建玉情報はいらないので、
オーダーの自動発言の場合には非表示にしています。(買いオーダーだけ)

また、半角文字しか入っていない場合も非表示にしています。

ここら辺は適宜追加してみてください。

bandicam 2017-12-10 17-52-45-645

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ビットコインスキャルピングの自動売買システムの作り方

「アービトラージあるからいいじゃん」ってずっと思ってたのですが、(今でも思ってる)スキャルピングに関

記事を読む

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にで

記事を読む

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USDで実行したのですが、まったくト

記事を読む

アルトコインのアービトラージ自動売買について

たまに「アルトコインの自動アービトラージシステムを作れませんか」、という質問が来るのですが、国内の取

記事を読む

【仮想通貨API】一回の演算で複数のリクエストを送る

基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイムスタンプを使用します。 (取

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑