*

偽アービトラージシステムにご注意ください

最近アービトラージシステムの商材?のようなサービスのようなものが増えてきているそうですが、
その中には明らかに実際に開発はしていなくて、資金集めだけしているものがあります。

タイトルにはアービトラージとついていても実際には中で何も動いていなくて
資金だけ集めるのが目的のものもあるので、注意してください。

以前まではマイニングで行われていたものの一部が、アービトラージに移ってきた感触です。

本当かどうかの目安は、
・対応取引所がやたら多い(10以上) ->偽物の可能性が高い
・アービトラージは運営にお任せで中身を見れないー>偽物の可能性が高い
・アービトラージの実態は見えずに日利だけ反映されるー>偽物の可能性が高い
・ビットコイン以外もアービトラージできる -> 偽物の可能性が高い
・資金を一か所に集めてまとめてアービトラージしている ->偽物の可能性が高い

・取引所のAPIキーが必要ー>本物の可能性が高い
・トレードに関する具体的な注意書きが多いー>本物の可能性が高い
(スリップや約定拒否など)
・取引画面があるー>本物の可能性が高い
・実際にトレードが取引所の履歴に反映されているー>間違いなく本物
・自分で操作できるー>本物

こんな感じだと思います。

実際に自分で細かい設定ができて、取引が反映されていれば本物です。

中身が見えずに利回りだけ増えていけばおそらく偽物です。
(ポンジスキームなので、チキンレースになります。)

FXでも同じような時代の流れがあったので、
ターゲットにされるのは投資やトレードに関わったことがない人たちだと思います。

「お金は出すから後は全部やって」というスタンスでいると、
やられる可能性が高いので注意してください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

APIでCoinCheckのアカウント情報を取得する 仮想通貨の自動売買開発③

前回はPUBLIC APIでしたが、今回はPrivateAPIを触ります。 まず、コインチェッ

記事を読む

ビットコインアービトラージシステム※ただ使いたい人用

ここまで業者間アービトラージシステムのプログラミングの考察?をしてきましたが、 中には「中身がどう

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説し

記事を読む

POLONIEXの残高参照Androidアプリを作る

POLONIEXというアルトコインの取扱数ではコインチェックの比ではない取引所があるのですが、 P

記事を読む

【仮想通貨API】一回の演算で複数のリクエストを送る

基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイムスタンプを使用します。 (取

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑