*

MT4でビットコインの自動売買と過去検証

ビットコインチャートを表示できるMT4業者が増えてきたということですが、
現物でアービトラージをするならいざ知らず、
テクニカルインジケーターベースのシステムトレードをするならやっぱりMT4に分(ぶ)があります。

という訳でMT4のビットコインチャートが現物チャートと相違ないという前提のもと
適当にテクニカルイニジケーターでバックテストしてみました。

同じことを独自開発のシステムでやろうとすると鬼のように大変なので、
様子見ということでやってみるのはありだと思います。

まずはMT4標準搭載の移動平均のクロスから。
bandicam 2017-11-24 19-00-51-521
bandicam 2017-11-24 19-01-13-778
ヒストリカルデータがないのは仕方ないとして、芳しくないですね。

つづいてRSI.設定値はてきとうです。
bandicam 2017-11-24 19-08-58-397
bandicam 2017-11-24 19-09-32-536

ここまでやってみて気づいたのですが、どうやらBTCUSDの場合、
ストップレベルがかなり広いみたいです。

そのため、固定pipsで決済するロジックで予約注文を入れようとすると、
かなり遠い場所でないと指値逆指値が入りません。

かといってスプレッドもかなり広いので、
テクニカルだけでエントリーと決済をしようとするとスプレッド負けを繰り返してしまいます。

やっぱり一筋縄ではいかないですね。

ヒストリカルデータも数字上は大したことないような気がしていましたが、
可視化すると
bandicam 2017-11-24 19-17-27-178
もはやチャートそのものが一目均衡表の雲になっています。

あともう一つ気づいたことがありました。
それは土日の間はMT4のビットコインチャートが止まってしまい、
週明けに窓になって再開していることです。

bandicam 2017-11-24 19-13-33-702

これって何かチャンスの匂いがするような気がします。
根拠はないですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

BitFlyerに自動ログインする【UWSC】

BitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所とうたっていますが、取引高を第三者のサイトなどで調べると

記事を読む

仮想通貨APIでコピートレード配信システムを作る

仮想通貨、暗号通貨の流行りって基本的にFXと同じ道をたどるので、 今後予想される流行の一つにコピー

記事を読む

Which Japanese company(bitFlyer,CoinCheck,ZAIF) is the best when you use API?

Last year, I made a BTC arbitrage system among bit

記事を読む

APIで取引所の残高を取得する 仮想通貨の自動売買開発④

公開:2017/6/21 前回はPRIVATE APIにアクセスするためのハッシュの生成でした

記事を読む

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にで

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせ

no image
【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1

no image
スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア【RDP以外で】

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが

no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑