*

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

公開日: : FX自動売買開発 , ,

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、
その中でもスピードは要です。

トレード専用というからには99.9%の稼働率は当たり前で、
次にスピードが決定打になります。

少し業界の話をすると、
FX会社のサーバーはたいていエクイニクスのデータセンターに置いてあります。
場所はたいていロンドンのLD5かニューヨークのNY4です。

たまに東京のTY3ということもあります。

後ろの番号はエクイニクスのデータセンターの番号です。

TY3というのはエクイニクスの3番目のデータセンターということを表し、
主に金融系向けのデータセンターです。
(TY1は政府系機関システムだったかな。うろ覚えです)

話を戻すと、FXでは個人でも機関投資家と同じように
ブローカーと同じデータセンター内のコンピュータで自動売買ソフトを走らせることができます。

それがFX専用エクイニクスのサーバーです。
BEEKSのサーバーがその世界では有名ですが、最近はぽつぽつと似たようなサービスが出てきているみたいです。

という訳で、今回は日本人御用達のVPS お名前ドットコムのVPSとBEEKSのVPSを実際に使ってみて、
その速度を見ていきます。

といっても、速度は一発で出るので、このトピックは一瞬で終わります。

接続先のブローカーは一番メジャーなFXPROです。

まずはお名前ドットコムVPSから。
bandicam 2017-11-21 19-53-14-692

そしてBEEKS(NY4)
bandicam 2017-11-21 19-54-46-905

BEEKSの方がお名前ドットコムよりも3倍以上速いですね。

お名前ドットコムの方はFX専用といいながらエクイニクスにあるわけではないので、
遅いのは当然ですね。まぁ、その分安いわけですが…

ちなみに今回のブローカーがFXPROでロンドンにサーバーがあるので、
それもあるかと思います。

お名前ドットコム(東京ーロンドン) VS BEEKS(ニューヨークーロンドン)

なので条件が揃っていないのは実験としては改善の余地ありです。

ちなみにMT4,MT5のブローカーのサーバーがどこにあるかは
https://www.mql5.com/en/vps
で分かります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第13回:コードに汎用性を持たせる~”USDJPY”よりSymbol()~

MT4で設定を変更ができるような記述をする これまでに様々なコードを扱いましたが、 これまでの書

記事を読む

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウ

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その2

今回はWEBサイトから取得したデータのスクレイピングです。 スクレイピングとは、すごい長い文字列か

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る4

今回はサーバー側のコーディングを行います。 まずは、トレードを送信する親側の処理を行うPHPファイ

記事を読む

第20回:複数のポジションを識別・判別する

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する MT4では同時に異なる種類のポジシ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑