*

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

公開日: : FX自動売買開発 , ,

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、
その中でもスピードは要です。

トレード専用というからには99.9%の稼働率は当たり前で、
次にスピードが決定打になります。

少し業界の話をすると、
FX会社のサーバーはたいていエクイニクスのデータセンターに置いてあります。
場所はたいていロンドンのLD5かニューヨークのNY4です。

たまに東京のTY3ということもあります。

後ろの番号はエクイニクスのデータセンターの番号です。

TY3というのはエクイニクスの3番目のデータセンターということを表し、
主に金融系向けのデータセンターです。
(TY1は政府系機関システムだったかな。うろ覚えです)

話を戻すと、FXでは個人でも機関投資家と同じように
ブローカーと同じデータセンター内のコンピュータで自動売買ソフトを走らせることができます。

それがFX専用エクイニクスのサーバーです。
BEEKSのサーバーがその世界では有名ですが、最近はぽつぽつと似たようなサービスが出てきているみたいです。

という訳で、今回は日本人御用達のVPS お名前ドットコムのVPSとBEEKSのVPSを実際に使ってみて、
その速度を見ていきます。

といっても、速度は一発で出るので、このトピックは一瞬で終わります。

接続先のブローカーは一番メジャーなFXPROです。

まずはお名前ドットコムVPSから。
bandicam 2017-11-21 19-53-14-692

そしてBEEKS(NY4)
bandicam 2017-11-21 19-54-46-905

BEEKSの方がお名前ドットコムよりも3倍以上速いですね。

お名前ドットコムの方はFX専用といいながらエクイニクスにあるわけではないので、
遅いのは当然ですね。まぁ、その分安いわけですが…

ちなみに今回のブローカーがFXPROでロンドンにサーバーがあるので、
それもあるかと思います。

お名前ドットコム(東京ーロンドン) VS BEEKS(ニューヨークーロンドン)

なので条件が揃っていないのは実験としては改善の余地ありです。

ちなみにMT4,MT5のブローカーのサーバーがどこにあるかは
https://www.mql5.com/en/vps
で分かります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

ポジションの情報を取得する 今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を

記事を読む

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとして

記事を読む

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきま

記事を読む

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑