*

バイナリーオプションの自動売買開発⑤

これまでの内容で
・MT4からシグナルをファイルに飛ばす
・ファイルからシグナルデータを読み込む
・マクロでバイナリーサイトでボタンを押す
ができたので、もう大枠はこれで完成です。

基本的なところはすべてこれまでの講座のおさらいなので、
新しいことは特にないですね。

細かいところでいえば、
・システムの安定化(これはやってみないことにはどんなトラブルがあるか分からない)
・掛け金の変更(一回手で変更すればその後も維持されるのでやらなくても問題ない)
・多通貨通貨ペアの選択(普通のサイトの場合、URLで飛べることが多いがjavascriptで処理されているので、ここだけ厄介かも。)

まぁ、仮想通貨の台頭でバイナリーオプションの人たちも流れているので、
需要があるのかと言われれば微妙なところだと思います。

バイナリーオプションの場合、掛ける”楽しみ”も一つの要素なので、
それを自動化するならFXやアービトラージでいいんじゃね? と今更ながらに思ったりします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

バイナリーオプションの自動売買開発①

今回はバイナリーオプションの自動売買をします。 一部の業者ではMT4にプラグインを入れることで

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発④

今回はバイナリーオプションのウェブサイトを操作するため、 ウェブサイトのトレード画面の分析を行いま

記事を読む

MT4でバイナリーオプションの過去検証

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証のためのソフト開発は別物です。

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発③

前回はMT4からファイルにトレードデータを出力するところまでやったので、 今回はファイルをマクロで

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発②

前回は大まかな概要を説明したので、 今回はさっそく作っていきます。 とりあえず、RSIのライ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑