*

バイナリーオプションの自動売買開発③

前回はMT4からファイルにトレードデータを出力するところまでやったので、
今回はファイルをマクロで読み取るところまでやります。

マクロはCOMが使えれば何でもいいですが、いつも通りUWSCで行きます。
(COMとはマクロソフト開発のWindows上のソフトをオブジェクトとして操作する機能です)

UWSCのファイル関数もMQLと同じような使い方で、
FOPENで開いて、FGETで取得して、最後にFCLOSEで閉めます。

Cドライブのアクセス権まわりがちょっと心配だったのですが、
特に問題なくすんなりいきました。

うろ覚えですが、パソコンのフォルダの権限によってはMT4インストール時に
データフォルダの場所が変わるような話があったような気がします。

フォルダパスが違う場合は適宜変更してください。

上記を.uWSで保存して実行すると、MT4で出力したトレードデータがログ出力されます。

さて、ここで後々の問題を解決しておきます。

MT4からマクロにデータを渡してトレードした後、
トレードしたことを記録しておかないと、何度も同じトレードを連続して発注してしまう可能性があります。

それを解決するために、暫定的にファイルの文字列をマクロ側から更新します。

MT4のインジケーターが発するシグナルは、発生のタイミングの瞬間のみに発動するため、
マクロ側で更新した文字列が次にMT4側で更新されるのは次のシグナルのタイミングです。

(※例えば、RSIの70クロスの場合、クロスした瞬間にシグナルが出てファイルを書き換えるが、
その後の70を超えている状態ではファイルの書き換えは行われない)

本来はファイルの読み込みと書き込みは同時にできるはずなのですが、
何故か言うことを聞いてくれなかったので、別々のファイルを呼び出しています。

これでトレードする前は、通貨ペア+トレードの方向
トレードした後は、donottradeとファイルに保存されるようになりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

バイナリーオプションの自動売買開発②

前回は大まかな概要を説明したので、 今回はさっそく作っていきます。 とりあえず、RSIのライ

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発④

今回はバイナリーオプションのウェブサイトを操作するため、 ウェブサイトのトレード画面の分析を行いま

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発①

今回はバイナリーオプションの自動売買をします。 一部の業者ではMT4にプラグインを入れることで

記事を読む

MT4でバイナリーオプションの過去検証

バイナリーオプションの場合、 リアルタイムの自動売買開発と過去検証のためのソフト開発は別物です。

記事を読む

バイナリーオプションの自動売買開発⑤

これまでの内容で ・MT4からシグナルをファイルに飛ばす ・ファイルからシグナルデータを読み込む

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑