*

【ビットコイン】板情報で自動売買

面倒臭がって今まで見て見ぬふりをしてきたのですが、
APIで板情報が取れるんですよね。

最近ネタもなくなってきたので、今回は板情報を使った自動売買をします。
とりあえず、渦中のbitFlyerで。

API:https://lightning.bitflyer.jp/docs?lang=en#order-book

板情報はpublicなので、ヘッダやハッシュ認証はスルーできます。
リクエスト先:https://api.bitflyer.jp/v1/getboard

リクエストするとこんなデータが返ってきます。

形式は単純なので、json_decodeで分解して、いつも通り連想配列に入れれば各値を取得できます。

※例によってfile_get_contentsではなく、CURLを使った方が良いです。

自動売買のロジックですが、今回は
「大量の指値注文があったら、その少し上に指値を入れる(買いの場合)」
で行きます。

これは株取引で使う手法で、機関投資家レベルの大きな指値が入ると
そのレートよりも不利な方向には動きにくくなるので、
自分の約定レートが不利な方向に動くリスクを抑えるものです。

株の場合は、それを逆手にとって見せ板や仕手のような心理戦になるのですが、
ビットコインの場合、そこまでの領域にまだ来ていないと思います。

どちらかというと、
「大きな注文を入れるけど分割もしないし、仕手もしない」
という大雑把な仮想通貨トレーダーが多いのではないかと思います。

板を観察していると、たいていは0.1以下の注文で、
5BTC程度の注文が入ると結構大きな指値に見えますが、
その指値に差し掛かると結構かんたんに相殺されてしまいます。

とりあえず、今回はある特定のレートに合計で20BTC以上の巨大な指値が入ったら、
その少し上に指値を入れるという戦略をとります。

先ほどのコードをループ文にします。

これで20BTC以上の指値注文が$TargetAskPrice,$TargetBidPriceにそのレートが格納されます。
しかし、レスポンスを見ると気づくと思いますが、現在レートからかけ離れた古いレートがそのまま残っています。

その古いレートに20BTC以上の指値があると常にそのレートを参照していまう可能性があるので、
現在レートから遠すぎるレートは除外します。

とりあえず現在レートから5万円以上離れているレートは除外しました。
必要に応じてこの値は変えた方が良いかもしれません。

あとはこの取得したレート±最小値幅で指値注文を出すだけです。
bitFlyer,CoinCheckは1円刻みですが、ZAIFは5円刻みだったと思います。

オーダーの送信は過去にやり方を記載しているので、問題ないと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

ZAIFでAPIを使ってオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑥

公開:2017/7/10 今回はWEB APIを使って取引注文を出します。 ここまではコイン

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説し

記事を読む

How’s the CryptoCurrency brokers in Japan?

There are several types of Crypto-currency brokers

記事を読む

APIで取引所のレートを取得する 仮想通貨の自動売買開発②

公開:2017/6/21 PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑