*

bitFlyerx信用取引x成行注文での取引所のバグ

前々から気になっていたのですが、
bitFlyerは信用取引時に変な挙動をすることが多々ありました。

今回はその挙動を掘り下げてみました。

症状が発生するのは、
APIを使って、信用取引で、成行注文のとき
です。

どんな症状かというと、
「成行注文のオーダーをリクエストして、
そのオーダーのレスポンスが正常に返ってきても
その後にそのポジションを参照するリクエストを送ると、
ポジションが反映されていないときがたまにある」
症状です。

これは自動売買しようとすると結構深刻なバグで、
ポジション管理するときにポジション管理が不可能になります。

私が観測したところ、エントリーから1分近くの間
ポジションが反映されないことがあります。

これは特に深夜帯で起こりやすいようです。
サーバー状況、板状況に関係なく発生します。

どんな優秀なプログラマでもこの症状に対してはどうしようもないので、
bitFlyerに直接問い合わせたところ、

「担当部署へ確認いたしましたところ、ご申告いただいたような事象が発生することがあり、発注APIはご注文を受け付けた時点でレスポンスを返すため、処理完了までにタイムラグ発生する場合がございます。
誠に恐縮ながら現在のところ明確な改善案等をご案内することができません。
本件につきましては、サービス改善の検討事項とさせていただきます。」

とのことでした。

この事象自体は認めているということになります。

今回のこの仕様は取引所由来なので、
巷のビットコイン自動売買システムはすべからくこの影響を受けていることになります。

いったいどういう対応をしているのか気になるところです。
(そもそも気づいているのかな…)

ZAIFが問い合わせから返答までに50日以上かかったのに
bitFlyerは1週間程度で返信が返ってきました。

もう取引所のレスポンスが遅いのがデフォになって
感覚がおかしくなってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

POLONIEXの残高参照Androidアプリを作る

POLONIEXというアルトコインの取扱数ではコインチェックの比ではない取引所があるのですが、 P

記事を読む

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイム

記事を読む

ビットコインアービトラージ取引履歴

2017年8月13日の取引履歴です。 コインチェックとZaifでアービトラージしています。

記事を読む

独自のビットコイン決済システムを作って手数料を0%にするやり方

オンラインショッピングなんかをやっているとビットコインで決済できた方が便利なことがあります。 pa

記事を読む

仮想通貨APIでコピートレード配信システムを作る

仮想通貨、暗号通貨の流行りって基本的にFXと同じ道をたどるので、 今後予想される流行の一つにコピー

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑