*

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。

メール通知はAlertの一種という扱いで、Mail関数があるわけではありません。
アラートのプロパティから設定できます。

コード上で、右クリックを押し、「プロパティ」を選択します。
「アラート」タブの「カスタム設定を使用」を選択し「設定」を押します。

bandicam 2017-10-08 10-59-10-106

bandicam 2017-10-08 10-58-11-953

「メール」にチェックを入れ、「設定」を押します。

bandicam 2017-10-08 11-00-34-748

SMTPサーバというのは、メールサーバーのことです。
Gmailの場合、
smtp.gmail.com
ポート:465
暗号化方式:SSL
です。

MT4ではデフォルトでGmailが使えないので楽ちんです。

テストメッセージに成功すると、
「This is a test message sent from TradeStation.」
というメールが届きます。

ちなみに、
アラート設定はTradeStationのチャート上でも可能です。

右クリックから「分析テクニックの設定」を選択し、
「アラート」タブを開けばあとは同様です。

bandicam 2017-10-08 11-06-21-049

コード上で設定したメール通知設定は、コンパイルした後も引き継がれますが、
編集の権限は残っているので、チャート上で設定を変更できてしまいます。

つまり、
「ストラテジーを誰かに配布して、メール通知を管理者に送信して管理する」
ということはできません。

(できることはできますが、設定値を変えられたら終わりです。)

メール通知が送信されると、
TradeStation : チャート分析 Alert for 8703-TS by %R_test(14,20,80,Cyan,Red)
Info: 売り超過上抜け
Source: %R_test(14,20,80,Cyan,Red)
Occurred: 2017/10/08 11:15:58
Price: 348
こんな感じでメッセージが来ます。

内容は変えられないみたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発7 パーフェクトオーダーを作る

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで結構なインジケータと

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発9 配列、多次元配列

「for文が使えるということはすなはち、配列が使えるということ。」 この二つは切っても切り離せない

記事を読む

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発6 スクリーニング/マルチチャート

今回はまたまた操作方法で、プログラミングは扱いません。 銘柄のスクリーニングとマルチチャートの仕方

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑