*

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは
基本的にはプロパティ画面で設定します。

bandicam 2017-10-07 10-08-06-792

しかし、MQLのようにソースコード上での指定も可能です。

ソースコード上にないのに色や太さなどが定義されているのは
少し感覚的に気持ち悪いので、コード上で指定したいと思います。

プロット番号は、PlotXのXです。
1~99まで可能です。(なんで0からじゃないの)

DataTypeは

名前 値
ptDate 25
ptDateTime 27
ptDouble 28
ptFloat 29
ptInvalid 3
ptProbability 4
ptString 2
ptTime 26
ptTrueFalse 1

から指定します。

bandicam 2017-10-07 10-09-05-144

今回はこれだけです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発11 時系列系予約語

自動売買ソフトを開発する上で重要なものとして、 時系列系の予約語の把握があります。 今回はそ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがある

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。 TradeStationの「表示」か

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発14 ファイル関数

TradeStationにもファイル関数は一応ありますが、 あまり使い勝手は良くないみたいです。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑