*

TradeStation 株のシストレ開発14 ファイル関数

TradeStationにもファイル関数は一応ありますが、
あまり使い勝手は良くないみたいです。

Print ステートメントから指定したファイルに情報を送信できます。

これができれば外部ソフトとの連携が可能になります。

ファイルの内容を追加して、上書きする場合は、

が使えます。

ユーザーによって指定された既存の ASCII ファイルに情報を送信し、その情報をファイルの最下部に追加します。

ファイルがない場合は、作成されます。
ファイルに数式を送信するには、まず、NumToStr 関数を使用して文字列式に変換する必要があります。

ただ、大きな問題があります。

それは!!!受信ができない!!!

送信しかできません。

そのため、ファイル関数を使って株データをMetaTraderに送ることはできても、
TradeStationがデータを受け取ることはできません。

利用範囲が限られてしまいますね。

データを受け取ることができれば、コピーツールや外部のトレードデータを使ったロジックなどもできたのですが、
今後のバージョンアップに期待しましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがある

記事を読む

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱い

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出て

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑