*

TradeStation 株のシストレ開発14 ファイル関数

TradeStationにもファイル関数は一応ありますが、
あまり使い勝手は良くないみたいです。

Print ステートメントから指定したファイルに情報を送信できます。

これができれば外部ソフトとの連携が可能になります。

ファイルの内容を追加して、上書きする場合は、

が使えます。

ユーザーによって指定された既存の ASCII ファイルに情報を送信し、その情報をファイルの最下部に追加します。

ファイルがない場合は、作成されます。
ファイルに数式を送信するには、まず、NumToStr 関数を使用して文字列式に変換する必要があります。

ただ、大きな問題があります。

それは!!!受信ができない!!!

送信しかできません。

そのため、ファイル関数を使って株データをMetaTraderに送ることはできても、
TradeStationがデータを受け取ることはできません。

利用範囲が限られてしまいますね。

データを受け取ることができれば、コピーツールや外部のトレードデータを使ったロジックなどもできたのですが、
今後のバージョンアップに期待しましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Vo

記事を読む

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱い

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出て

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeSta

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑