*

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、
株の場合はちょっと違います。

Volume アップティックで取引された出来高
Ticks 合計出来高
UpTicks アップティックで取引された出来高
DownTicks ダウンティックで取引された出来高
OpenInt ダウンティックで取引された出来高

インジケーターで一応チェックすると、

bandicam 2017-10-05 19-42-12-302

違いがわかります。

tick 15186679.00
volume 5637100.00

なんでVolumeをアップティックに限定しているのか意味不明です。UpTicksがあるならUpTicksを使えばいいと思うの。

補題 TradeStationの演算タイミング

MetaTraderではバックテストの際に、始値、コントロールポイント、全ティックを選択できますが、
TradeStationの場合は始値の更新タイミングでしか演算できません。

つまり、ブレイクアウトなどの手法を使う場合、
成行注文だと約定レートが大きくずれる可能性があります。(多分)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeSta

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発5 最適化

前回はストラテジーのソースコードを見たので、今回は最適化の操作を行います。 MetaTraderの

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱い

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発7 パーフェクトオーダーを作る

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで結構なインジケータと

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑