*

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、

「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が、
機関投資家がアルゴで見せ板をしてもお咎めなし」

という謎ルールがあります。

見せ板とは、約定させる気がないのに現在の約定レートに近いところに大量の予約注文を入れることです。

板を見た他の投資家が「もう少しで大量の買いが入る」と勘違いして
買いで建玉するのを誘います。
(今どきそんなシンプルではないと思いますが)

ここで問題になるのは、
個人投資家 か 機関投資家
手動 か アルゴ(システム)
という点です。

もし焦点が、手動か機械かにあるのだとすれば、
TradeStationによるストラテジーの見せ板はOKということになります。

見せ板がOKということは、かなり優位性の高いエッジの効いたトレードが可能になります。

しかし、
もし個人投資家に焦点があたるのだとすれば、
仮にTradeStationによる見せ板でもアウトということになります。

まぁ、しかし
いきなり逮捕されるということはなく、
まず注意のお電話が直々にかかってくるそうです。

「注意されたら止めればいい」という考え方は
ブラック企業の社長のようですが、

金儲けとリスクはある種トレードオフの関係にあることも否定できません。

見せ板をするには、個人投資家と言えどある程度まとまった資金が必要ですが、
試してみる価値はあるかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeSta

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発9 配列、多次元配列

「for文が使えるということはすなはち、配列が使えるということ。」 この二つは切っても切り離せない

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱い

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。 TradeStationの「表示」か

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発11 時系列系予約語

自動売買ソフトを開発する上で重要なものとして、 時系列系の予約語の把握があります。 今回はそ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑