*

TradeStation 株のシストレ開発10 メソッド

EasyLanguageでは、一応メソッドが使えます。

メソッドとは、かんたんに言うと関数みたいなものです。
(厳密には微妙に違う)

メソッドに関しては特にクセはなく、

で行けます。
ローカルで宣言した場合、使える範囲もローカルです。

ヘルプを読むと、
メソッド内でのみ使用されるローカル変数は、メソッド宣言ステートメントおよびそのメソッドの本文を含む begin…end ステートメントの後に宣言します。

と書いてありますが、”ステートメントの前”の間違いだと思います。
(サンプルでは思いっきり前になっていますからね。)

直観で行くと、begin以降に変数を宣言したくなるので、
ここはやや直観に反する書き方です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発19 ポジション関数

今回は、保有しているポジションの処理をする関数を見ていきます。 アルファベット

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Vo

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑