*

TradeStation 株のシストレ開発4 ストラテジーのコード

今回は前回の最後にテストした移動平均線のクロスのストラテジーの
プログラミングを見ていきたいと思います。

思っていたより短いですね。
これがすべてのソースコードです。

これが、inputパラメータの記述です。

移動平均線2本のクロスなので、短期と長期のそれぞれの期間と
計算に使うHLOCを選択します。

ここはインジケータのときにも触れたので問題はないと思います。

Closeは現在の終値、すなはち現在レートを表します。
一つ前の足を参照する場合はClose[1]です。

MQL4に近いですね。

MQL5より100倍マシだと思います。

Open,High,Lowも同様に使えます。

次に移動平均線の値の箇所です。

AverageFCは組み込み関数で、単純平均を行います。
FCはおそらく、fast calculate の略だと思います。

パラメータ
Price 数値 価格、関数および公式のうち、バーのどの値を使用するかを指定します。
Length 数値 考慮するバーの数を設定します。

最後にメインの箇所です。

MQLのようにループ関数(Ontick,Oncalculate,Start,OnStart)の中にメインとなる記述をするわけではありません。

CurrentBarは、現在評価されている足の数を返します。
チャートの各足に番号が割り当てられ、番号は後続の足のそれぞれについて 1 ずつ増分されます。

crosses over は、文字通りクロスオーバーしたらという条件文です。
さすがトレード専用に開発された言語だけありますね。(てか、三人称単数現在も反映するのね)

Cross または Crosses の後には、常に、Above、Below、Over、または Under が続きます。

オーダーはBuyのみで行われるので、プログラム側でロットの変更やオーダー種別の指定はできません。

まだ、なかなかEasyLanguageに慣れるまではいかないと思いますが、
あと何回かサンプルに触れれば、だいたいの雰囲気はつかめると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほ

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeSta

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発13 オーダーの文法

EasyLanguageにはオーダーが4種類あります。 Buy: 新規買い。ポジションを保持し

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Vo

記事を読む

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがある

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑