*

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る5

今回はトレードを受信する側のPHPのスクリプトを書きます。
これが終わればコピーツールの大枠が完成です。

基本的には親側と同じで、まずは初めてのセットか2回目以降かで分けます。

初めての場合はSQLにINSERTする必要があるので、

アカウントの情報をUSERテーブルに入れます。

2回目以降の場合はUPDATEするだけです。

テーブルの列にRunとかAuthとかの名前の列を作っておき、
そこが1の場合はトレードを許可し、
0の場合はトレードをさせないようにします。

これでサーバ側でユーザーの管理ができるようになります。

あとは、トレードデータを送る処理を書くだけです。

受信する側は、親アカウントのアカウント番号と親が設定したパスワードがあれば、
トレードをコピーすることができます。

一つだけ、
やってみて分かったことがあるのですが、
一部の業者には業者名に変な記号が入っていて、それが原因でデータベースが誤作動することがあります。

具体的には業者名に:が入っていると、全く同じ行があるにもかかわらず、
同じ行だと認識することができずに、新しく挿入を繰り返してしまうことがありました。

ユーザー名も同様です。

なので、これらの文字が含まれている場合は、容赦なく変換しましょう。

それだけです。

後はなんとでもなると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。

記事を読む

MQL4とMQL5の違い(更新中)

・OrdersTotalの扱い MQL4でのOrdersTotalはMQL5ではPositions

記事を読む

第13回:コードに汎用性を持たせる~”USDJPY”よりSymbol()~

MT4で設定を変更ができるような記述をする これまでに様々なコードを扱いましたが、 これまでの書

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑