*

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る2

まず、データをサーバに送信するEAを作ります。

飛ばすトレード情報のデータは、
・チケットナンバー
・通貨ペア名
・エントリーの向き
です。

他にも情報を追加したい場合は、適宜追加してください。
基本的には上記だけで何とかなります。

あとは、
ポジションの数に応じてこの情報を連結させます。
例えば、
123456:USDJPY:BUY@123457:EURUSD:SELL@111111:EURJPY:BUY
このような感じです。

それぞれの記号はデータを区切る意味しかないので、
カンマでもコロンでもなんでもOKです。
(ただし、データベースが誤認識しやすい記号があるので、それらは避けましょう)

今回はMQL4ではなく、MQL5で書いていますが、
基本的にはMQL4と同じです。

オーダー関数が構造体になるくらいの違いです。

関数化するとこんな感じです。

業者によっては、USDJPYmとかUSDJPY_xとか余計な文字列がついていることがあるので、
最初の6文字だけを取得するように一般化してください。

また、このEAにトレードをさせるわけではないので、
for文の判定はPositionsTotal()そのままでOKです。

順番が前後してしまったのですが、トレードを送信する側のアカウント情報を
サーバに送る準備をします。(一応ね)

サーバに送る情報は、
・サーバにアクセスする際のパスワード
・使っている業者
・アカウント名
・アカウント番号
・メールアドレス(パラメタ入力)
・デモ口座かどうか
・受信者用のパスワード(パラメタ入力)
です。

この二つの情報(アカウント情報とトレード情報)をサーバに送信します。
トレード情報は頻繁にサーバに送信する必要がありますが、アカウント情報はたまに送信すればOKです。

セキュリティ向上のため、SSL接続でPOSTでHTTPリクエストを行います。
平文でGETリクエストでも大丈夫だとは思いますが、一応暗号化はしておきます。

MQLのWebRequestは少しクセがあり、リファレンスのサンプルも上手く動かないので、
少し注意が必要です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4のチャート上にボタンを作る

現在のMT4は結構いろいろな機能が追加されていて、 DLLや拡張ファイルを使わずに、 EA単体で

記事を読む

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

MQLで使える数値を引き出す MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。 例え

記事を読む

2chの市況版のスレをテキストマイニングして逆張りする

よく「大衆の逆をいけば勝てる」みたいなことが相場の世界では言われますよね。 今回は2chの市況版の

記事を読む

第13回:コードに汎用性を持たせる~”USDJPY”よりSymbol()~

MT4で設定を変更ができるような記述をする これまでに様々なコードを扱いましたが、 これまでの書

記事を読む

パターン分析トレードシステムを作る

今回はMT4のファイル関数を使って、 パターン分析トレードシステムを作成します。 まずチャー

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑