*

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る2

まず、データをサーバに送信するEAを作ります。

飛ばすトレード情報のデータは、
・チケットナンバー
・通貨ペア名
・エントリーの向き
です。

他にも情報を追加したい場合は、適宜追加してください。
基本的には上記だけで何とかなります。

あとは、
ポジションの数に応じてこの情報を連結させます。
例えば、
123456:USDJPY:BUY@123457:EURUSD:SELL@111111:EURJPY:BUY
このような感じです。

それぞれの記号はデータを区切る意味しかないので、
カンマでもコロンでもなんでもOKです。
(ただし、データベースが誤認識しやすい記号があるので、それらは避けましょう)

今回はMQL4ではなく、MQL5で書いていますが、
基本的にはMQL4と同じです。

オーダー関数が構造体になるくらいの違いです。

関数化するとこんな感じです。

業者によっては、USDJPYmとかUSDJPY_xとか余計な文字列がついていることがあるので、
最初の6文字だけを取得するように一般化してください。

また、このEAにトレードをさせるわけではないので、
for文の判定はPositionsTotal()そのままでOKです。

順番が前後してしまったのですが、トレードを送信する側のアカウント情報を
サーバに送る準備をします。(一応ね)

サーバに送る情報は、
・サーバにアクセスする際のパスワード
・使っている業者
・アカウント名
・アカウント番号
・メールアドレス(パラメタ入力)
・デモ口座かどうか
・受信者用のパスワード(パラメタ入力)
です。

この二つの情報(アカウント情報とトレード情報)をサーバに送信します。
トレード情報は頻繁にサーバに送信する必要がありますが、アカウント情報はたまに送信すればOKです。

セキュリティ向上のため、SSL接続でPOSTでHTTPリクエストを行います。
平文でGETリクエストでも大丈夫だとは思いますが、一応暗号化はしておきます。

MQLのWebRequestは少しクセがあり、リファレンスのサンプルも上手く動かないので、
少し注意が必要です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデ

記事を読む

ここが変だよMQL5

MT5を久しぶりにちょっといじってみたので、所見(愚痴)を書かせてください。 ここが変だよMQ

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑