*

【AWS】無料でVPSを使う方法

公開日: : VPS ,

自動売買とVPSは切っても切り離せません。

しかし、その自動売買が本当に儲かるかどうかわからないのに、
VPSでさらにコストをかけたくないこともあります。

特にトレード専用のVPSは月額4000円くらいしますので、
それを軽くペイできる自信がないと、VPSを導入しずらいと思います。

そこで、今回は最近流行りのAWS(アマゾンのサーバ)を使って、
無料でWindowsのVPSを使える方法をご紹介します。

※お金はかけたくないけど、ITリテラシーはそこそこある人向けです。

まず、AWSのアカウントを持っていない方は、AWSのアカウントを作成しましょう。
アカウント作成にはクレジットカードが必要です。

アカウントを作成するとコンソール画面が表示されるので、
上部にある「サービス」を選択すると下記のようなメニューが表示されます。

bandicam 2017-09-30 16-54-55-847

左上にある「コンピューティング」の「EC2」を選択します。

すると、インスタンスの作成という画面が表示されるので、「インスタンスの作成」を押します。

bandicam 2017-09-30 16-56-58-242

すると、
bandicam 2017-09-30 20-45-05-092

このようにサーバーの種類を選択することができます。

無料で使える中にはWindowsサーバーもあるので、これを選択します。
(Windowsサーバーは1VPSあたり15usdくらいの使用料をMicrosoftに払わなければいけなかったような気がするのですが、さすがAmazon、気前がいいですね)

メモリの選択画面になりますが、1GBが無料対象なので、
それを選択します。

bandicam 2017-09-30 20-47-05-658

そのまま進んでいくと、キーペアの作成に進むので、
適当に名前を付けてキーを作成します。

bandicam 2017-09-30 20-48-16-982

キーペアは必ずダウンロードするのを忘れないようにしてください。

ダウンロードしたら、インスタンスの作成に進みます。

(ここから先はID情報が出てしまうので画像はなしです。)

しばらくすると、自動的にインスタンスが作成されるので、
左のメニューから「インスタンス」を選択します。

先ほどのキーの名前のインスタンスがあるので、
一番右の列の「セキュリティグループ」を選択します。

画面下の方に「説明」「インバウンド」「アウトバンド」の
タグがあるので、「インバウンド」を選択し「編集」を押します。

bandicam 2017-09-30 20-54-51-096

使っているPCがWindowsの場合は、そのままRDPで
MACやLINUXの場合は、SSHを選択します。

そして、ソースを「任意の場所」に変更して、「保存」を押します。

次にアウトバウンドも同じように、「すべてのトラフィック」「送信先:任意の場所」を
選択します。

これで任意のIPから接続、任意のIPに接続ができるようになったので、
RDPのアクセスの準備が整いました。

次に左メニューからインスタンスに戻り、
先ほど作ったインスタンスの左のボックスを選択します。

すると、「接続」というボタンが上にでるので、
それを押します。

bandicam 2017-09-30 20-59-24-560

「パスワードの取得」を押すと、キーペアのパスを求められるので、
先ほどダウンロードしたキーペアを「ファイル選択」します。

bandicam 2017-09-30 21-00-09-427

「パスワードの複号」を押すと、
 パブリックDNS:VPSのアドレス
 ユーザー名:ログインユーザー名
 パスワード:ログインパスワード
が表示されるので、
これがRDPでVPSにアクセスする際の情報になります。

これさえ手に入れば、あとは通常のリモートデスクトップ接続で、
VPSに接続可能です。

Windowsの検索窓で「リモートデスクトップ接続」といれると、
リモート接続画面が表示されるので、

後は先ほどの情報を入力するだけです。

bandicam 2017-09-30 21-04-01-768

「接続」を押すとVPSが表示されます。

bandicam 2017-09-30 21-05-49-415

お疲れ様でした。

あとはMT4をインストールするなり、自動売買ソフトを置くなりすれば、
立派なVPSとして稼働します。

Comment

  1. 堀田 より:

    助かりました。
    ありがとうごさいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

FX用VPS選びのポイント

大前提:トレード用のVPSか VPSにはトレード用とウェブサイト用があります。 自動売買する

記事を読む

VPSとは?

VPSとは、 自宅のパソコンではなく、外部のサーバー上で MT4とEAを動かすための、個人用のレ

記事を読む

FX会社のサーバーがどこにあるか

FX会社のサーバーがどこにあるかご存知でしょうか。 FX会社側が自分のサーバーがどこにある

記事を読む

自動売買にVPSは必要か

もし、 自動売買がエントリーした後に、大地震が起きて、 相場が暴落したらどうしますか。 大

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせ

no image
【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1

no image
スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア【RDP以外で】

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが

no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑