*

【仮想通貨API】アクセス回数の上限を超えて…

各取引所APIでは一定時間の間にたたくことができる回数に上限があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HTTP API は、以下のとおり呼出回数を制限いたします。

Private API は 1 分間に約 200 回を上限とします。
IP アドレスごとに 1 分間に約 500 回を上限とします。

1 日の平均約定単価が 0.01 未満のユーザーは、翌日の Private API 呼出回数が 1 分間に約 10 回まで制限されることがあります。
マニュアル発注は制限されません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これでも十分上限は大きいですが、どうやらこの以下の回数の場合でも
アクセス回数が多いIPはアクセス拒否されることがあるようです。(実体験)

たぶんサーバーがDosと認識して、上限に達する前に自動的に拒否しているんだと思います。

しかし、ネットワークの世界ではこういった事態もよく遭遇するもので、
回避方法があります。

phpではcurlを使う際にプロキシを設定できます。
アクセス制限はグローバルIPに対して行われるので、
串を刺せば無問題です。

(海外IPをはじく可能性があるので、プロキシは日本のロケーションのものにしましょう。一応)

記述自体は簡単でcurlのオプションに下記を足せばいいだけです。

問題はプロキシの寿命です。
長時間できるものもありますが、永続的かつ自動的にプロキシのIPを回そうと思います。

手としては、
A 複数のIPをあらかじめリストで取得しておき、失敗したら次のIPを試行するループ文を使う
B プロキシのIPをリアルタイムで出しているサイトからスクレイピングして取得し、繰り返し試行する
があります。

Bの方が完全上位互換ですが、なかなかスクレイピングしやすい良いサイトが見つからないので、
とりあえず、Aでいきます。

リストを外部ファイルにすると巨大なリストも処理できますが、
とりあえずお試しなので、php本文の先頭にずらずら書きます。

(プログラマのやることとは思えない冗長さですね…)

あとはfor文でこの配列の処理をすればOKです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

APIで取引所のレートを取得する 仮想通貨の自動売買開発②

公開:2017/6/21 PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系

記事を読む

ビットコインアービトラージ取引履歴

2017年8月13日の取引履歴です。 コインチェックとZaifでアービトラージしています。

記事を読む

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

アルトコインのアービトラージ自動売買について

たまに「アルトコインの自動アービトラージシステムを作れませんか」、という質問が来るのですが、国内の取

記事を読む

MT4でビットコインの自動売買と過去検証

ビットコインチャートを表示できるMT4業者が増えてきたということですが、 現物でアービトラージをす

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑