*

【仮想通貨API】一回の演算で複数のリクエストを送る

基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイムスタンプを使用します。
(取引所も推奨、もしくは指定しています。)

しかし、一回の演算で、レートを取得して、資産残高を取得して、オーダーを出すということをする場合、
UNIXタイムスタンプでは時刻が同じになってしまい、エラーになります。

解決策は単純でミリ秒を使います。(ZAIFはデフォルトでミリ秒に対応しています)

ただし、小数点が入っているとエラーになるため、
1000倍して、四捨五入します。

$intNonce_c = time(true);

$intNonce_c = round(microtime(true) * 1000);

コインチェックの場合は”前回よりも大きな数字”であればOKな記述とドキュメントに書いてありますが、
ビットフライヤーの場合は”UNIXタイムスタンプ”と指定しているので、

これで通るか心配でしたが、通ってしまいました。(ドキュメントは嘘だったのかな?)

ひとまずこれで一回の演算で複数回APIをたたくことができます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

ビットコインアービトラージ 信用取引ver 取引履歴

信用取引アービトラージは現物取引よりいろいろカオスです。 まず、基本的にbitFlyerの信用取引

記事を読む

Zaifに自動ログインする【UWSC】

Zaifのログインも基本的には一般的なログインと同じです。 ただし、IPアドレスか何か不明です

記事を読む

ビットコインスキャルピングを自動売買でやってみた感想

FXがまだ下火でブームが訪れる前、急な値動きに対して順張りでスキャルピングすることで10万円を億にで

記事を読む

ZAIFがAPIの信用取引始めるって言うけれど…

今までZAIFはAPIでの信用取引ができませんでしたが、今月の上旬からできるようになったそうです。

記事を読む

ビットコインアービトラージがなぜ深夜にばかり動くのか

今も細々とビットコインのアービトラージを自動で動かしているのですが、 どうやら深夜帯に動くことが多

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑