*

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4

基本的にjson形式でAPIをたたく場合、nounceにUNIXタイムスタンプを使用します。
(取引所も推奨、もしくは指定しています。)

しかし、一回の演算で、レートを取得して、資産残高を取得して、オーダーを出すということをする場合、
UNIXタイムスタンプ(秒)では時刻が同じになってしまい、エラーになります。

つまり、一回の演算の中で、取引所へのアクセス毎にnounceを増大させる必要があります。

やり方はいろいろあると思います。(UNIXタイムスタンプの最後に一桁足して、送信毎に+1するとか)

しかし、今回は単純なミリ秒を使います。(ちなみに、ZAIFはデフォルトでミリ秒に対応しています)

ただし、小数点が入っていると整数でないため、エラーになります。そこで、1000倍して、四捨五入します。

$intNonce_c = time(true);

$intNonce_c = round(microtime(true) * 1000);

コインチェックの場合は”前回よりも大きな数字”であればOKな記述とドキュメントに書いてありますが、
ビットフライヤーの場合は”UNIXタイムスタンプ”と指定しているので、

これで通るか心配でしたが、特に問題ありませんでした。(ドキュメントは嘘ってことですね)

ひとまずこれで一回の演算で複数回APIをたたくことができるようになったので、本格的なアービトラージソフトの開発が捗ります。

(このシリーズは2017年に掲載したものを編集したものです。このテーマの周辺記事は2017年度にあります。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

PHPで仮想通貨APIを処理するときの注意

Web APIは基本的にJavascriptで処理させることを想定していますが、これまでのようにPH

記事を読む

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る1 概要

取引所でデイトレードしているとチャットが目につくことがあります。 注視するほど内容は濃くはない

記事を読む

【コインチェック】APIが存在しないはずのチャットの自動読み上げシステムを作る

以前、bitFlyerのチャットの自動読み上げシステムを作りましたが、個人的にはコインチェックのチャ

記事を読む

取引所のPrivate APIの前準備 仮想通貨の自動売買開発③

公開:2017/6/21 前回はPUBLIC API(誰でも見れる公開情報)でしたが、今回はP

記事を読む

仮想通貨取引所のチャット音声自動読み上げシステムを作る5 音声読み上げに特化する

これまでの内容で ・取引所のチャット取得 ・音声読み上げAPIで音声ファイルを取得 ・AJAX

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽物、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑