*

ティック更新よりも早い頻度で演算させる

公開日: : FX自動売買開発 ,

EAというやつうは基本的にティックレートを受信する度に一回、演算する仕組みになっています。

USDJPYやEURUSDの場合は、いつでもそこそこティックがあるので、あまり気になりませんが、マイナー通貨の場合は1分に一回程度しかティックが来ないものもあります。(レンジの時間帯)

1分足以内のスキャルピングやアービトラージをしようとすると、ここら辺が結構ネックになるので、ティック更新を待たずに次の計算をさせる必要があります。

ただし、これは結構荒業で、メモリに負荷がかかり続けることは想像に難くありません。

OnTick内でループさせる

実にかんたんな話で、OnTick,OnStart,Start,OnCalculate内全体をループ処理させるだけです。

ポイントはループ処理する場合、レートや口座情報が更新されないので、
RefreshRate()を頭に持ってきて、半強制的にレート更新をする必要があることです。

あとはEAを停止させようとしたときにフリーズする可能性が高いので、OnChartEvent内に停止ボタンを設置し、そこからEAを停止処理する記述を書くことを強くおすすめします。

ボタンを作成するのが面倒なら、グローバル変数をループ処理の判定に使い、MT4からグローバル変数を制御するという手もあると思います。(完全に開発者のデバッグ向けですね。)

また、ティック更新が激しい場合、かつ、演算が軽量な場合、
1秒間隔で演算させるよりも通常のティック更新の方が速い可能性は十分に考えられます。

これらを考慮すると、使用場面はかなり限定的ですね。おそらくメタクオーツ側もあまりやって欲しくはないやり方だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

2chの市況版のスレをテキストマイニングして逆張りする

よく「大衆の逆をいけば勝てる」みたいなことが相場の世界では言われますよね。 今回は2chの市況版の

記事を読む

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

メタエディタの準備 EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

MT4チャートでバイナリーオプション(笑)

注:この記事は、MT4のチャート上でバイナリーオプションのような操作パネルを表示させるための、 開

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑