*

ビットコインの業者間アービトラージでわかったこと

ちゃんと約定する

FXの場合、業者間アービトラージをやろうとしても、約定拒否だったり、スリップしたりで実際に上手く行くようにするのは、結構大変です。(業者選びが最重要問題になります。)

しかし、仮想通貨もとい暗号通貨の場合、それらの諸問題はないようです。

意外だったのは、約定拒否しないことはもちろん、スリップもしないことでした。(嘘です。bitFlyerは約定拒否しますし、ZAIFはサーバーダウンしますし、スリップするときは滑ります。)

レート差が激しい

FXでは業者間アービトラージの場合、数pipsを極めることになりますが、ビットコインの場合、1000円以上ずれることが一日に数回~数十回はあります。

もちろん、
片方の業者のBidよりももう片方の業者のAskが1000円以上低い
片方の業者のAskよりももう片方の業者のBidが1000円以上高い
といった状態です。

コインチェックでは、15分間の間に設定したパーセント以上暴騰暴落するとメールで知らせてくれる機能がありますが、あのときに結構アービトラージのタイミングが発生しています。

ただ、レート差が発生しない安定した相場が続く場合もあるので、
そのときはおとなしく待ちましょう。

差が発生している時間が長い

アービトラージを検査する前では、
「おそらくレート差が発生している時間はせいぜい1秒くらいだろうから、そこら辺を競うにはマルチスレッドで並列処理とかも必要かもな~」とか思っていましたが、

数分~数十分の余裕があります。

つまり、
 レート差を検知 → 取引所Aに発注 → 取引所Aのレスポンスを確認 → 取引所Bに発注
と悠長なことをしていても余裕で間に合ってしまいます。(オーダーが分割されて滑るので、やっぱり速度を極めた方が良いです。)

FXの場合、取引所Aの注文のレスポンスを待つ前に取引所Bの注文を出しておかないと、とてもではないですが、間に合いません。

ここら辺も今後変わっていきそうですね。

各社違い

コインチェック:
・レート更新が意外と遅い
->UNIXタイムスタンプをミリ秒にして1000倍にすると更新が早くなります
・APIではビットコインしかトレードできない
・指値・成行注文が可能
・信用取引可能
・取引手数料無料
・1円区切り
・最小注文単位0.005(結構大きい)
・オーダーが分割されにくい
・スマホアプリが使いやすい(出先で確認しやすい)
・信用取引の決済は決済注文で行う

ZAIF:
・レート更新が早い
・指値注文しかできない(成行不可)
・指値しかできないので、オーダーが残りやすい
->現在のレートよりもかなり太っ腹なレートでオーダーを出すと擬似的に成行注文ができるようです。
・取引手数料は無料どころかボーナスがもらえる
・信用取引不可->2017年9月から可能に
・5円区切り(現時点ではあまり気にならない)
・ランダムサンプリングした中では一番レートがバグってる->bitFlyerの信用レートほどではない
・最小注文単位:0.0001(すごい)
・オーダーが分割されやすい(板がすごい薄い)
・スマホアプリがかなり使いにくい(ブラウザ表示してるだけ)

BitFlyer:
・レート更新はふつう
・指値、成行注文が可能
・取引手数料有料(結構高い)
・信用取引可能
->この手数料はアービトラージには結構致命的なレベルです。
・1円区切り
・最小注文単位:0.001(ふつう)
・オーダーがそこそこ分割される
・スマホアプリはまぁまぁ普通
・信用取引の決済は反対売買で行う(決済注文の実装が楽)
・信用取引と現物取引のレートに大きな差がある(10000円くらい)

国内の業者間でアービトラージすると、1000円前後くらいのひらきは頻繁に発生しています。
たまに3000円くらいひらくこともあるという感触です。

これに海外の業者を加えるとさらにひらきは7000円ほどに広がるそうです。
ただ、海外業者の場合法定通貨に変えられない、なんちゃって”ウォレット”取引所が多いので、
選択肢はあまり多くはなさそうです。

また法定通貨に替えられる場合でも、ドル建ての場合はまたちょっとややこしいことになります。

2社に絞った方が良い

FXの場合、5~6社のレートを引っ張ってきてアービトラージのシビアなタイミングを狙ったりしますが、
ビットコインの場合、タイミング自体が頻発しているので2社に絞った方が資金管理が容易です。

問題はどの2社にするのか、ということですが、
まずコインチェックはシステムの安定度、板の厚さから確定です。

残るはZAIFかビットフライヤーですが、どちらも一長一短です。

ビットフライヤーは手数料の問題がありますし、ZAIFは板の薄さの問題があります。

大きなレート差をとっていくパラメータ設定ならビットフライヤーの方が良さそうです。
というか、ある程度大きなレート差でアービトラージしないと手数料とスリッページ負けします。

小さなレート差で回数を重ねる場合はZAIFですが、板が薄いので、
あまり大きなロットはかけるとスリッページ負けします。

一瞬で資金が偏る

アービトラージをすると片方の取引所の資金が円かビットコインに偏り、もう片方の取引所の資金がその逆に偏ります。

よそでは、ビットコインの送金と円の入出金で対応している人が多いみたいですが、すぐに偏ってしまうため、その方法は正直現実的とは思えません。

そのため、アービトラージのタイミングとは逆に、資金の偏りを解消するタイミングをはかり、そのときにビットコインと円を交換する方法にしました。

(適当なタイミングで円とビットコインを交換すると、せっかくアービトラージで稼いだ利ざやが消し飛ぶ可能性があります。)

この方法ならほぼ完全自動で放置が可能です。

稼働中にレートが急激に変化すると業者間の資産がずれる

ビットコインはレートが激しいので、ときたまとんでもない変動をします。そのときに、取引所Aで10万円、取引所Bで10万円分のビットコインを持っていた場合、変動後の資産のバランスが崩れます。

崩れるとどうなるかというと、「片方では取引が発生し、もう片方では取引が発生しない」という状態が発生しています。

こうなるとアービトラージのロジックが崩れてしまいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【ZAIF】Bid=買い、Ask=売り!?

タイトルは間違っていません。 以前WEBAPIの記事で「ZAIFの取引メソッドのAskとBid

記事を読む

BinanceとPoloniexの自動アービトラージシステムを作る5

今までAPIを使ったトレードシステムを作るときには、オーダーとレート取得ができれば後の枠組みは解説し

記事を読む

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しましたが、今回は実際の取引結果をご

記事を読む

APIで取引所のレートを取得する 仮想通貨の自動売買開発②

公開:2017/6/21 PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系

記事を読む

【仮想通貨API】アクセス回数の上限を超えて…

各取引所APIでは一定時間の間にたたくことができる回数に上限があります。 ーーーーーーーーーー

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑