*

仮想通貨を匿名で現金化する方法

(あくまで一考察ですよ 悪用厳禁ですよ)

仮想通貨でマネーロンダリングのニュースがでたりしますが、
実際はTORと同じで、

仕組みをよくわかっていない人が「仮想通貨なら匿名なんでしょ?」的なノリで
意味も分からず使っているのが理由だと思います。

まずビットコインですが、ビットコインは匿名性はあんまりありません。
ブロックチェーンを見ればどのアドレスからどのアドレスに送信したかが検索できてしまいます。

匿名のビットコインアドレスを生成する方法はあるのですが、それを現金化するときに匿名性が失われます。
(アングラな交換所で現金交換するなら話は別です。)

昔はBlockchain.infoに、一度ビットコインを一か所に集めて匿名化する機能があったのですが、今はもう使えません。(終了しました。)

ではどうするかと言うと、匿名性のあるコインを経由します。
  ビットコイン → モネロとかに交換 → モネロとかからビットコインに交換 → 現金
です。

もちろんコインを交換する際に、コインチェックなどの個人を認証している交換所は使えません。

匿名性のある交換所、交換アプリを使います。

一番簡単な方法は、Coinomiを使う方法です。

匿名アドレスを作って、Coinomiに匿名アカウントを作ります。
(こだわる人はTOR、匿名VPN、TAILSを使ってどうぞ)

そして、
そのCoinomiアカウントにビットコインを送る

匿名コインに交換

匿名コインの状態で別のウォレットに送信
(受信ウォレットは匿名である必要はありません)

ビットコイン、現金に交換

これで資金の流れの追跡は不可能です。あとはアカウント作成時の匿名化の腕次第だと思います。(<禁則事項>を使ってください)

ここまでは英語で検索すると割とよく出てくる方法です。
最後に現金化するときにもポイントがあるのですが、<禁則事項>です。

余談ですが、コインチェックのビットコインの受け取りアドレスは、実際にはビットコインが入っていません。受け取ったビットコインは別のアドレスになぜか分割されています。

国内の取引所はビットコインアドレスと個人が紐づけされているので、直接送信すると匿名性がまったくありません。(取引所内部の人から見た場合)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

CoinCheckに自動ログインする【UWSC】

以前、仮想通貨暗号通貨の自動売買に関して書きましたが、 今回は実際にUWSCを使ってログインをして

記事を読む

使用言語と方向性 仮想通貨の自動売買開発①

公開:2017/6/21 仮想通貨の自動売買プログラムを書く前に、そもそもどうやってプログラム

記事を読む

オフラインでビットコインアドレスを生成できる理由

ビットコインアドレスのペーパーウォレットを作る際、 オフライン環境であっても、大量のアドレスを

記事を読む

ビットコイン”専用”海外デビットカードがダメになったけど、”専用”でなければ良いみたい

ビットコインの現金化をするときに、国内の機関を通したくないという大人の方たちに愛用されていた ビッ

記事を読む

ビットコインアドレスの秘密鍵とは

ビットコインアドレスには必ずペアとなる秘密鍵(プライベートキー)が存在します。  

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑